1. 各支部からのお知らせ
 

各支部からのお知らせ


九州支部
2017/04/19

九州アメリカ文学会第63回大会

 

期 日:2017年 5月13日(土)、14日(日)  

会 場:佐賀大学全学教育機構棟

 

<第1日目> 5月13日(土)

開会式  (1号館125教室)

10:30-10:40   早瀬 博範 (佐賀大学教授・九州アメリカ文学会会長)

 

研究発表

午前の部

第一室    (1号館124教室)

10:45-11:25  松下 紗耶(九州大学大学院博士課程)

       名前から読むThe Autobiography of Miss Jane Pittman

              司会 宮本 敬子 (西南学院大学)

 

11:25-12:05 河野 世莉奈 (九州大学大学院博士課程)

       母娘関係のねじれ――God Help the Child を読み解く

              司会 小林 朋子 (鹿児島県立短期大学)

 

総 会

13:30-14:50  (1号館125教室)

     KALS賞の報告および授賞式

 

研究発表

午後の部

第一室   (1号館124教室)          

15:00-15:40  新田よしみ(福岡大学講師)

       見えない恐怖を顕在化する存在――"Eisenheim, the Illusionist"に登場する幻影たち――

              司会 渡邉 真理子(西九州大学)

 

15:40-16:20  鈴木 章能 (長崎大学教授)

       脱西洋中心主義としての「らしさ」の越境と翻訳可能性――カポーティと村上春樹を中心に――

              司会 高野 泰志 (九州大学)

 

第二室   (1号館123教室) 

15:00-15:40  幸山 智子 (九州大学大学院博士課程)

       ライオンとユニコーン――Tennessee Williams初期作品群におけるD. H. Lawrenceの残響――

              司会 坂井 隆  (福岡大学) 

 

15:40-16:20  岡本 太助 (九州大学准教授)

       初期アメリカ演劇における「ホームランド」の力学

       司会 竹内 勝徳 (鹿児島大学)

 

特別講演 (1号館125教室)

16:30-17:30 後藤 和彦 (東京大学教授)

     「『アメリカの影』――戦後文学とアメリカ文学」

           司会  早瀬 博範

 

懇親会 

18:30-20:30   会場  「グランデはがくれ」

            佐賀市天神2−1−36

            tel: 0952-25-2212

 

<第2日目> 5月14日(日)

シンポジウム  (1号館125教室)

10:30-12:30   Myth and Meaning in Postmodern American Fiction

             司会・講師  Greg Bevan  (福岡大学教授)

                講師  David Farnell (福岡大学教授)

                講師  長岡 真吾   (福岡女子大学教授)

               

閉会式    (1号館125教室)

12:30-12:40   早瀬 博範



東京支部
2017/04/02

◆東京支部4月特別講演のタイトルが以下のように変更になりました。

 

「アメリカと日本と私」→「物語国家」

 

***

特別講演

 

物語国家

 

講師:赤坂真理氏

司会:越智博美(一橋大学)