1. 各支部からのお知らせ
 

各支部からのお知らせ


関西支部
2016/09/10

日本アメリカ文学会関西支部10月例会のご案内          

 

秋冷の候とはほど遠い暑さが続いておりますが、会員の皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。

さて、10月例会を下記の要領で開催致しますので、万障お繰り合わせのうえ、多数ご参加下さいますよう、ご案内申しあげます。

 

日時 10月8日(土) 午後3:00〜

場所 大阪大学  会場 文法経講義棟 文41講義室

   〒560-0043大阪府豊中市待兼山町1-5          

豊中キャンパス: アクセス・マップ&キャンパスマップ

http://www.osaka-u.ac.jp/ja/access/accessmap.html

http://www.osaka-u.ac.jp/ja/access/toyonaka/files/All.pdf

 

【研究発表】

1. “Originality and American Authorship: Dickens, Poe and International Copyright in the 1840s”

発表者  龔 玥竹(キョウ・ゲッチク 京都大学研修員)

司 会  池末 陽子(大谷大学)

 

2.「写真家の小説 ―The Call of the Wild 再考」

発表者  小泉 嘉輝(京都大学・院)

司 会  高村 峰生(神戸女学院大学)

 

3. 「ウィリアム・フォークナーと1930年代のプリント・カルチャー」

発表者  金澤 哲(京都女子大学)

司 会  山下 昇(相愛大学)

 

関西支部事務局


東京支部
2016/09/09

◆9月例会のお知らせ

2016年9月24日(土)午後1時半より

慶應義塾大学三田キャンパス 南校舎4 階 445 教室

 

研究発表

 

Jonkonnu/Gens inconnu

Michelle Cliff, Free Enterpriseにみるポストコロニアル・アイデンティティ

講師:庄司宏子(成蹊大学)

司会:岩瀬由佳(東洋大学)

 

***

分科会

 

近代散文

 

ヨネ・ノグチのThe American Diary of a Japanese Girlにみられる、詩人としての「弁明」

星野文子(和洋女子大学)

 

現代散文

 

帝国主義・アメリカ・生政治

戦後小説としてのトマス・ピンチョンV.

阿部幸大(東京大学・院)

 

 

Langston Hughesの1920年代初期詩篇を読む

斉藤修三(青山学院女子短期大学)

 

演劇・表象

 

オクソニアン・ギャツビー

アメリカ遠征軍の英仏短期留学支援制度

三添篤郎(流通経済大学)

 

→全体会と分科会の要旨は、支部ホームページをご確認ください。


北海道支部
2016/09/01

179回研究談話会を下記の要領にて開催いたします。どうぞお誘い合わせの上、多数お集まりくださいますようご案内申し上げます。

 

日時910日(土)午後4時〜 6時 

場所:札幌市立大学サテライト・キャンパス (札幌市中央区北4条西5丁目アスティ45ビル12階) 

*アクセスに関しては以下をご覧ください。http://www.scu.ac.jp/access/satellite/

 

題 目:大草原の夢と現実:19世紀半ばのKansas

発表者:黛 道子氏 (順天堂大学)

司 会:伊藤 章氏 (北星学園大学)