1. 各支部からのお知らせ
 

各支部からのお知らせ


北海道支部
2014/01/22

第166回研究談話会を下記の要領にて開催いたします。

 

◆日時:2月15日(土)午後4時 〜 6時

◆場所:札幌市立大学サテライト・キャンパス(札幌市中央区北4条西5丁目
アスティ45ビル12階)

 

▼題 目:父の認知を求める混血児 ──“Father and Son”とAbsalom, Absalom!──

▼発表者:本村 浩二氏(関東学院大学)

▼司 会:片山 厚氏

 

*要旨については、支部ホームページをご覧ください。


中部支部
2014/01/17

以下の要領で中部支部2月例会を開催します。

 

日時:2月15日(土)午後2時30分 〜(ご注意ください)

場所: 富山大学五福キャンパス人文学部校舎 No.1教室

    http://www.u-toyama.ac.jp/access/gofuku/index.html (人文学部校舎1階の教室です)

 

発表

(1) 小原文衛氏(金沢大学) 司会 岩田和男氏

「JAWS(1975)が読む――フロイト欲動理論の再構築」

 

(2) 結城正美氏(金沢大学) 司会 交渉中

「Ruth Ozeki のハイブリッドな食風景」

 

*富山大の大工原先生のご厚意で、例会終了後、17:30より懇親会を富山市内で開催予定です。予算は6,000円です。ご参加をご希望の方は、2/9までに運営委員長の森(moria@lets.chukyo-u.ac.jp)までお申し込みください。詳細は決まり次第支部HPでお知らせ致します。

 

*名古屋駅から直通列車をご利用の場合、9:48発「しらさぎ5号」が例会の到着限界便です。当日名古屋へのお帰りは、18:13発「しらさぎ16号」が最終です。

 

*例会での発表をご希望の方は、運営委員もしくは事務局までご連絡ください。


東京支部
2014/01/10

◆1月例会のお知らせ

2014年1月25日(土)午後1時半より

慶應義塾大学三田キャンパス 南校舎6階463番教室

 

研究発表

グロテスクなアート

Ron Atheyと苦痛のパフォーマンス

 

講師:外岡尚美(青山学院大学)

司会:小澤英実(東京学芸大学)

 

***

分科会

 

近代散文

語り手とバートルビーの相互侵犯

“Bartleby, the Scrivener”における“life”

大武佑(成蹊大学・院)

 

現代散文

The Great Gatsbyにおける表象される都市空間

遊歩者ニックの眼差しと空間への感情について

渡邉俊(早稲田大学・院)

 

堕落としての隠喩

ウォレス・スティーヴンズのメタファーについて

笠原一郎(東京理科大学・非)

 

演劇・表象

19世紀転換期アメリカのLittle Egypt表象と検閲について

宗形賢二(日本大学)

 

→全体会の要旨、分科会のタイトルと要旨は、支部ホームページをご確認ください。