1. 各支部からのお知らせ
 

各支部からのお知らせ


中部支部
2013/05/27

以下の要領で中部支部6月例会を開催します。

 

日時:6月15日(土)午後2時 〜

場所:中京大学名古屋キャンパス

   地下鉄鶴舞線八事下車

   5番出口正面入り口より、中央エレベータへ

   センタービル6階0602教室

   駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用ください。

 

発表

(1) 社河内 友里 氏(三重大学・非)

          司会 森 有礼 氏(中京大学)

「Ernie Bushmillerの Nancy における 子どもとボヘミアニズム」

 

(2)  梅垣 昌子 氏(名古屋外国語大学)

          司会 田中 敬子 氏(名古屋市立大学)

「フォークナーの「あの夕陽」--成立事情とデルタの変容」

 

*終了後運営委員会を開催いたします。

* 例会での発表をご希望の方は、運営委員もしくは事務局までご連絡ください。


関西支部
2013/05/21

2013年5月20日

会員各位

日本アメリカ文学会関西支部

支部長 渡辺 克昭

事務局 近畿大学文芸学部

 

日本アメリカ文学会関西支部6月例会のご案内

 

6月例会を下記の要領にて開催いたします。ご出席いただきますようご案内申し上げます。

 

 

日時  2013年6月8日(土)午後3時より

場所  関西外国語大学・中宮キャンパス・本館2階多目的ルーム

〒573-1001 大阪府枚方市中宮東之町16-1

TEL: 072-805-2801

 

研究発表

1.杉山和孝(Texas Tech University・院)

「一つの作品、二つのテクスト: DeLillo’s Americana」

・・・司会 岡本 太助(九州大学)

 

2.ミョウ・セン(京都大学・院)

「中国のOn the Road--四つの翻訳からみる受容と変遷」

・・・司会 佐々木 隆(同志社大学)

 

*交通アクセス(地図は裏面をご覧下さい)

本学へのアクセス

京阪電車 枚方市駅(特急停車駅)下車(京橋より特急で約15分)

北口バス乗り場4番から、京阪バスで「関西外大」下車(所要時間約8分)

4番乗り場から発車するすべてのバスが「関西外大」に停車します。

本館は正門の真正面に見える建物です。


東北支部
2013/05/14

日時: 2013年6月1日(土) 午後2時〜5時

会場: 東北大学片平キャンパス 片平さくらホール2階会議室

 

研究発表1

  渡邊真由美(福島学院大学・非)

   「Maggieは何を夢みたのかーー大衆の教化装置としての劇場」

  司会 後藤史子(福島大学)

       扱う作品 Stephen Crane, Maggie: A Girl of the Streets (1893)

 

研究発表2

  席芳媛(東北大学・院)

   「ウィラ・キャザーの『おお、開拓者よ!』における自然描写」

  司会 清水菜穂(宮城学院女子大学・非)

       扱う作品 Willa Cather, O Pioneers! (1913)

 

〈事務局からのお知らせ〉

6月以後のスケジュールについて

  9月例会 9/21

  全国大会 10/12-13(明治学院大学)

  日本英文学会東北支部大会 11/23-24(東北工業大学)

  12月例会 12/21

  3月例会 3/15


東京支部
2013/05/07

◆2013年5月例会のお知らせ

2013年5月18日(土)午後1時半より

慶應義塾大学 三田キャンパス 南校舎4階443教室

 

研究発表

『絨毯の下絵』とその後

講師:本合陽(東京女子大学)

司会:山口和彦(東京学芸大学)

 

***

分科会

 

近代散文

「自分のしたことを自分で探索する」人たち

Charles Brockden Brown小説の動機をめぐって

折島正司(青山学院大学)

 

現代散文

日系アメリカ作家ヒサエ・ヤマモトの作品におけるトラウマ体験の実験的語りとキリスト教的モチーフ

“The High-Heeled Shoes, A Memoir”を中心に

牧野理英(日本大学)

 

愛、エクスタシー、コスモポリタニズムの詩学

ハーレム・ルネサンスの黒人女性詩人たち

佐久間由梨(専修大学)

 

演劇・表象

リンカーンを演じる「黒人」

スーザン=ロリ・パークスのTopdog/Underdogにみる劇作のポリティクス

佐藤里野(お茶の水女子大学・院)

 

→全体会の要旨、分科会のタイトルと要旨は、支部ホームページをご確認ください。


関西支部
2013/05/01

2013年4月24日

会員各位

日本アメリカ文学会関西支部

支部長 渡辺 克昭

事務局 近畿大学文芸学部

 

日本アメリカ文学会関西支部総会および懇親会のご案内

 

2013年度日本アメリカ文学会関西支部総会、ならびに懇親会を下記の要領にて開催いたします。多数のご参加をお待ちしております。

 

 

日時  2013年5月11日(土)午後3時より

場所  大阪大学豊中キャンパス(〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1−16)

    全学教育推進機構共通教育講義棟B棟B118教室

    (別紙のアクセスマップをご参照ください。)

総会  支部長挨拶  渡辺 克昭 (大阪大学)

議事  議題

1. 2012年度会計報告

2. 2013年度予算案

3. 2013年度行事予定

4. 事務局移転に伴う会則の附則の変更

5. その他

 

講演

講師  市川 美香子(元大阪市立大学教授)

演題  「ヘンリー・ジェイムズの小さな少年――ルーズヴェルトとプードル、想像力と文体」

司会  水野 尚之(京都大学)

 

懇親会

時間  講演終了後(午後5時30分ごろから)

会場  大阪大学生協福利会館4階食堂

会費  5000円



事務局便り

*総会のお知らせ

会員の皆さまには今年度もよろしくお願いいたします。

2013年度の総会案内を同封いたします。ご出席のほどお願い申し上げます。同封の返信用ハガキは5月6日(月)必着でご返送をお願いいたします(できましたら早めにご返送下さい)。

総会での案件成立に必要ですので、総会にご欠席の方は、必ず委任状をご提出下さい。返信用ハガキは会員カードも兼ねております。住所や所属などに変更がある場合、必ずご記入下さい。

また本部名簿での住所・電話番号・所属の非公開を希望される場合は、備考欄にその旨お書き下さい。

 

*会費納入のお願い

同封の郵便振込書にて、2013年度分の会費(本部会員8,000円、支部会員3,000円、特別会員10,000円)の納入をお願いいたします。事務局の作業が円滑に行えるように、なるべく1ヶ月以内にお納め下さいますようお願いいたします。なお、会費滞納は3年をもって退会扱いとなりますので、ご注意下さい。

 

*論文応募について

『アメリカ文学研究』応募論文は、本部編集室宛、4月30日必着です。

『関西アメリカ文学』50号の応募は4月15日をもって締め切りました。投稿して下さった会員に御礼申し上げます。

 

*例会発表について

例会の発表を募っております。申し込みは随時受け付けています。

簡単なレジュメ(横書き800字以内)と略歴を添えて事務局までご提出下さい。

 

*住所変更、異動

住所変更や異動のご連絡は、支部事務局にお送り下さい(本部事務局には届けないで下さい)。メールでも結構です。すぐにお知らせ下さいますよう、お願いいたします。(事処理の都合上、上記の手段のみでお願いします)。また名簿に記載を望まない項目がある、郵便が旧住所に届いたなどのお知らせも、こちらまでお願いいたします。

[届出先] twain1910 at gmail.com

〒577-0813 東大阪市新上小阪228-3 近畿大学文芸学部 辻研究室内

日本アメリカ文学会関西支部事務局

 

*退会

退会される時は、支部事務局までその旨お知らせ下さい。できるだけ、会費の払ってある年度内にお知らせ下さいますよう、お願いいたします。

 

*フォーラム・テーマ募集

支部大会フォーラムのテーマを募集しております。適当なテーマがありましたら、趣旨を添えて、支部事務局までお知らせ下さい。締切は4月30日です。

 

大阪大学豊中キャンパスへのアクセスは下記のURLをご参照下さい。

www.osaka-u.ac.jp/ja/access/


中・四国支部
2013/05/01

期日:平成25年6月8日(土)・9日(日)

会場:松山大学・文京キャンパス (本館6階大ホール)

  790-8578 松山市文京町4-2 電話(089)925-7111

 

第1日 6月8日 (土)

受   付 (13:00〜13:50)

開 会 式 (13:50〜14:00)        開会の辞 会 長  加 藤  好 文

研 究 発 表 (14:00〜16:50)

                          司会  前 川 祐 治(広島女学院大学)

1.  Their Eyes Were Watching Godの男性性表象に見るZora Neale Hurstonの人種意識

                               発表  山 内  玲 (香川大学)

                               司会  松 島 欣 哉(香川大学)

2.  『白鯨』の多国籍水夫たちは白人英語を話す!?―翻訳という文学研究の可能性―

                               発表  藤 本 幸 伸(山口大学)

                     (休 憩  10分)

                               司会  島  克也(島根大学(非))

3.  不遇の作家キルゴア・トラウトを読み直す

                         発表  中 山 悟 視(海上保安大学校)

                                司会  重 迫 和 美(比治山大学)

4.  カラーブラインド・フォークナー?

―性差と人種のパリンプセストとしての『アブサロム・アブサロム!』と『エルサレムよ、我もし汝を忘れなば』―

発表  森  有 礼(中京大学)

(休 憩  10分)

特 別 講 演  (17:00〜18:00)

講師  藤 平 育 子 氏 (中央大学)

演題  反抗的人間の美学

司会  大 地 真 介 (広島大学)

懇 親 会  (18:30〜20:30)

会場  生協食堂「カルフール」

司会  辻 祥子 (松山大学)

会費  4,000円



第2日 6月9日(日)

シンポジアム (9:30〜12:30)

カウンターナラティヴから読むアメリカ文学

 

                             司 会 城戸 光世 (広島大学)

1. 水兵と奴隷の物語:『ホワイト・ジャケット』に見られるカウンターナラティヴの限界

                             発題 辻 祥子 (松山大学)

2.土地の記憶を語る――アードリックのノース・ダコタ作品群

                             発題 横田 由理(大東文化大学)

3.Countering Injustice in War and Terror: Julie Otsuka's When the Emperor Was Divine

                             発題 Michael Gorman (広島市立大学)

4.科学と詩学が出会うところ―マリルー・アウィアクタと原子をめぐるナラティヴの挑戦―

                             発題 松永 京子(神戸市外国語大学)

 

総   会 (12:30〜13:00) 議  長  会 長  加 藤 好 文

閉 会 式 (13:00〜13:10) 閉会の辞  副会長  新 田 玲 子