1. その他
 

新着情報


その他
2017/07/13
アメリカ文学会員の皆様

標記の公開読書会と講演会の案内が吉田恭子先生より届きましたので、シェアさせていただきます。それぞれフライヤーとポスターで詳細をご確認ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

坂本
*東京、慶応義塾大学で、同教授による7月21日に公開読書会、7月22日に講演会が行われます。
詳細は下記のポスターをご覧ください。

7月21日公開読書会ポスター

7月22日講演会講演会


*公開読書会 マーク・マクガール教授と「三葉虫」を読む

2017・7月26日 16:30〜18:30 立命館大学諒友館822



その他
2017/04/16
セミナーのお知らせ

講師   ロンドン大学教授Philip Horne

タイトル “Henry James and The Art of Fiction: a Colloquium in Honour of Tony Tanner”

 

開催日時:714日(金)16:30より

場所:京都大学吉田キャンパス 英米文共同研究室にて


場所は下記URLをご参照ください。

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/

の地図にある34番の建物、総合研究2号館の一階、南東隅です。

 

Horne教授はHenry James and Revision (1990), Henry James: Life in Letters (1999) などの著書で知られる、ヘンリー・ジェイムズ研究の泰斗です。このセミナーは丁度四半世紀前に京都大学を訪れた故Tony Tannerに敬意を表し、ジェイムズの名高い評論 “The Art of Fiction”を中心に彼の小説論をTannerHenry James and the Art of Nonfiction (1995), pp. 27-57におさめられたエッセイをひとつの手掛かりにしながら考察しようとする企画です。

 

参加ご希望の方は佐々木徹(tsasakiアットマークbun.kyoto-u.ac.jp)までご一報ください。


その他
2017/04/01
 日本ポー学会と日本ナサニエル・ホーソーン協会はアメリカのPoe Studies Association, またNathaniel Hawthorne Society と共催で2018年6月21日より24日まで京都ガーデンパレス・ホテルにおいて国際学会を開催します。研究発表を募集しておりますので、奮ってご応募ください。
 また同時にアメリカ Ralph Emerson Societyでも同学会で2つのパネルを設けています。こちらも日本からの発表者を募集しておりますのでご応募ください。
 応募に関しましては以下のURLをご覧ください。

その他
2017/02/11 鼎談「創作とは何か」開催のお知らせ   
「創作とは何か」をテーマに、藤野可織×久保田翠×高村峰生の鼎談で、創作という活動について語ります。

日時:3月4日 13時半―15時
場所:神戸女学院大学 文学館 L28教室
事前申し込み:
参加ご希望の方は、添付書類に記しましたメールアドレスまで、
 メール本文に @エッジウッド講演申し込み Aお名前 を明記していただき、お送りください。

添付書類をご覧になるには、こちらをクリックしてください。

ご来場をお待ちしております。
 
       神戸女学院大学 高村峰生


 


その他
2017/02/11
 来月3月18日にColin MacCabe, ピッツバーグ大教授の講演会+映画上映会が
開催されます。

 文学史的には、ケンブリッジ大学で構造主義的アプローチでの講
義をして学生の人気を博しながら、保守的な学科によってテニュアポジションを
与えられず、それに反対して学生がデモを起こしたといういわゆる「マッケイブ
事件」で知られますが、ジョイス研究、映画研究、ゴダール伝の著者、そして多
くの映画のプロデューサーと、多方面で活躍されている研究者です。
 今回は18日にSeasons in Quincyの上映+講演会、さらには16日にもふた
つの映画の上映会を開催します!どなたでも参加可能です。ぜひご参加ください。
 マッケイブ教授は今月14日より3月末まで甲南大学に滞在の予定。関心のあ
る方はご連絡を。
                    甲南大学 秋元孝文

※関係者各位 シェア、拡散いただければ嬉しいです。以下のリンクに詳しい情
報が載っています。

http://www.konan-u.ac.jp/hp/els/

その他
2017/01/15 どう実践する! ジェンダー平等、人文社会科学系学協会における男女共同参画推進に向けて  
「どう実践する! ジェンダー平等、人文社会科学系学協会における男女共同参画推進に向けて」のご案内

詳細はフライヤーを御覧ください。



その他
2017/01/06 特別講演会「ホーソン『緋文字』研究の新展開、ヴァーコビッチを越えて」のご案内  
入子文子先生による、特別講演会「ホーソン『緋文字』研究の新展開、ヴァーコビッチを越えて」の開催のご案内です。

詳細はポスターを御覧ください。



その他
2017/01/01 UCLA(カリフォルニア大学ロサンザルス校)のKing-Kok Cheung(キンコック・チャン)教授の講演開催のご案内  
UCLA(カリフォルニア大学ロサンザルス校)のKing-Kok Cheung(キンコック・チャン)教授の講演開催のお知らせ
 
2017年1月26日(木)および1月28日(土)に神戸大学人文学研究科において、アジア系アメリカ文学研究の第一人者であるUCLA(カリフォルニア大学ロサンザルス校)のKing-Kok Cheung(キンコック・チャン)教授の講演を2回にわたって開催します。
 
◇King-Kok Cheung教授講演会
日時:2017126() 10:4012:10
会場:神戸大学人文学研究科A1 学生ホール
題目:“Independence and Interdependence in Asian / American Life-writing / (Auto)Biography”  (「アジア系/アメリカ人のライフ・ライティング/(オート)バイオグラフィーにおける自立と相互依存」)
講師: Prof. King-Kok Cheung(UCLA教授)
 
◇King-Kok Cheng教授をお招きしての科研プロジェクト研究会
日時:2017128() 15:0018:00
会場:神戸大学人文学研究科A1 学生ホール

特別講演:

題目:”Transnational and Polyglot Asian American Literature: Intersection of Comparative Literature and Asian American Studies”(「トランスナショナルな多言語使用のアジア系アメリカ文学―比較文学とアジア系アメリカ研究の交差」)

講師: Prof. King-Kok Cheung(UCLA教授)
(共催:アジア系アメリカ文学研究会)
 
詳しくは添付のポスターをご覧ください。
 
※なお、この二つの講演は、基盤研究(C)研究課題名「アジア系アメリカ文学研究のポスト・グローバリズム的展開と多極的研究体制の構築」(研究代表者:山本秀行)の一環として開催されます。 
お問い合わせは、神戸大学・山本秀行までお願いします。

その他
2016/11/23
多民族研究学会第27回全国大会

日時:2016年12月17日(土)13:00〜
場所:専修大学 神田校舎 5号館4階 541教室

*総合司会:ハーン恭子(上智大学)
*開会の辞:西垣内磨留美(会長・長野県看護大学)
*開催校挨拶:坂野明子(専修大学)

*研究発表@(13:15〜14:00)/司会:伊達雅彦(尚美学園大学)
秋田万里子(日本女子大学学術研究員)
「記憶の捏造から受容へ――Cynthia OzickのThe ShawlにおけるRosaの “life” 回復の過程」
*研究発表A(14:05〜14:50)/司会:山本伸(四日市大学)
伊藤みちる(大妻女子大学)
「クレオール化のダイナミズムと白人性の多様性――トリニダードとバルバドスの比較研究」

*講演(15:00〜15:50)/司会:並木信明(専修大学)
山嵜文男(東京農業大学)
「黒い血」をめぐる『アブサロム、アブサロム!』の語り

*講演(16:00〜16:50)/司会:平尾吉直(首都大学東京非常勤講師)
鈴木裕之(国士舘大学)
「恋する文化人類学者は、アフリカで何を見たのか?――調査と体験の狭間」

*閉会の辞(16:50〜17:00):吉田美津(副会長、松山大学)

*総会(17:00〜17:30)

参加費:500円(事前申込不要・会員外の方でもご参加いただけます)

その他
2016/11/23 公開ワークショップ 「ポスト冷戦期文学における戦争とサバイバル」のご案内  
 公開ワークショップ「ポスト冷戦期文学における戦争とサバイバル」のご案内

以下の要領で公開ワークショップを開催いたします。多くの皆様のご参加をお願い申し上げます。

公開ワークショップ
「ポスト冷戦期文学における戦争とサバイバル」
(主催:JSPS科研費JP26370350 共催:九州アメリカ文学会)

日時:2016年12月17日(土)14時20分〜17時
場所:福岡大学 文系センター棟9階学部共通室B(福岡市城南区七隈8−19−1)

司会:渡邉真理子(西九州大学)
講師:下條恵子(九州大学)「生き残りの技巧――オースター作品におけるパフォーマンス」
講師:渡邉真理子「ティム・オブライエンのヴェトナム」
講師:秋元孝文(甲南大学)「エトガル・ケレットとユダヤのサバイバル」
ディスカッサント:諏訪部浩一(東京大学)

懇親会(19時〜)
R Style(アールスタイル)天神大名店
(福岡県福岡市中央区大名1-12-56  The Shops 2F)
電話:050-5834-5174   予算:4,500円程度

※問い合わせ先 渡邉真理子
詳細はフライヤーをご覧ください。
1  2  >