1. 各支部からのお知らせ
  2. 中・四国支部
 

各支部からのお知らせ


中・四国支部
2021/12/04
この度、ホームページを以下のアドレスへ移転することとなりましたのでお伝えいたします。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

https://www.chushikoku-als.org/

中・四国アメリカ文学会事務局


中・四国支部
2021/11/04
下記の通り、冬季大会を開催いたします。会員でない方も参加可能ですので、参加ご希望の方は支部HPをご覧ください。

 

日時:12月4日(土)15:00〜17:40

  (15分前に開場)

会場:オンラインZoom

 

 

【研究発表】

1.

発表者: 藤沢 徹也 (広島商船高等専門学校) 15:10〜15:50

題目: 「古い指輪」から見えるホーソーンの読者に対する想い

司会者: 城戸 光世 (広島大学)


2. 

発表者: 谷岡 知美 (広島工業大学)  16:00〜16:40

題目 : 文学と発話行為論 ——『吠える』裁判(1957)におけることばの猥褻性

司会者 : 菅井 大地 (松山大学)

 

3.

発表者: 藤本 幸伸 (山口大学)  16:50〜17:30

題目 : “get off, Queequeg, you are heavy, it’s grinding the face of the poor”を訳す?

    ——an intellectual chowder としての『白鯨』翻訳

司会者 : 辻 祥子 (松山大学)


詳細は支部HPをご覧ください。

中・四国支部
2021/05/29
中・四国アメリカ文学会では、6月12日にオンライン(Zoom)にて第49回大会を開催いたします。

会員以外の方のご参加も受け付けておりますので、参加ご希望の方は下記の事務局までお問い合わせください。

【事務局お問い合わせ先】
kido<アットマーク>hiroshima-u.ac.jp
  ※<アットマーク>を@に置き換えてください。

日時:6月12日(土) 10:30〜18:30

受付:10:00〜10:30


【プログラム】

開会の辞  (10:30〜10:40)

 会長: 前田 一平 (鳴門教育大学)

 

研究発表  (10:40〜14:10)

 司会: 松永 京子 (広島大学)

 1. 10:40〜11:20

  「語りかける世界 Li-Young LeeのBehind My Eyesにおける対話の機能」 

   発表者: 風早 由佳 (岡山県立大学)

 2. 11:20〜12:00

  「Nina Revoyr作品における「水」表象」

   発表者: 渡邊 真理香 (北九州市立大学)

 

 司会: 吉田 美津 (松山大学名誉教授)

 3. 12:50〜13:30

  「日系アメリカ人二世作家の描く母と娘の物語

   —— “Seventeen Syllables”と“And the Soul Shall Dance”における母娘」

   発表者: 遠藤  緑 (鳥取短期大学)

 4. 13:30〜14:10

  「国立公園都市計画のハイブリディティ構造 —— John Muirの自然論から現代生活を考える」

   発表者: 真野  剛 (海上保安大学校)

 

特別講演  (14:20〜15:20)

 司会: 前田 一平 (鳴門教育大学)

 講師: 上西 哲雄 氏 (東京工業大学名誉教授)

 演題: 「キリスト教とアメリカ文学」

 

シンポジアム (15:30〜18:00)

 『21世紀から読み直すアメリカ自然主義文学』

  司会: 増崎  恒 (追手門学院大学)


1. 「Stephen Crane、ニューヨーク市、外国(人・語)、国際感覚

  —— アメリカ自然主義文学における「環境」の力を再考する」

  発題: 増崎  恒

2. 「The Octopusにおける超自然的“FORCE” —— 人新世の文学としてのアメリカ自然主義文学」

  発題: 菅井 大地 (松山大学)

3. 「London自身の自然主義 —— その現代社会における意味」

  発題: 劉  鵬 (遼寧対外経貿学院(中国))

4. 「Jack Londonが現代に示唆するもの」

  発題: 森  孝晴 (鹿児島国際大学)

 

総会 (18:00〜18:20)

 議長(会長): 前田 一平

 

閉会の辞 (18:20〜18:30)

 副会長: 大地 真介 (広島大学)




中・四国支部
2020/11/21

中・四国支部 冬季大会(オンライン開催)のお知らせ


中・四国支部では下記の日時で令和2年度 冬季大会(オンライン)を開催いたします。
会員以外の方のご参加も歓迎いたします。
詳しくは支部HPをご覧くださいませ。

日時:12月5日(土)15:00〜17:30


プログラム

【開会の辞】

 会長 前田 一平

 

【研究発表】

 1. 「あらがう意思と血の混じり合い——『七破風の屋敷』におけるパフォーマンス表象」 

    発表者: 川下 剛 (広島修道大学)

     司会: 藤吉 清次郎 (高知大学)

 

       (休憩10分)

 

 2. 「追体験する主体——もう一人の娘から読むBeloved」

    発表者: 西光 希翔 (広島修道大学)

 3. 「現実らしさと虚構らしさを描出するFaulknerの語りの技法

     ——Requiem for a Nunにおける現実の虚構らしさの分析を中心に——」

    発表者: 重迫 和美 (比治山大学)

     司会: 山野 敬士 (別府大学)

 

【閉会の辞】

 副会長 大地 真介


中・四国支部
2020/04/23
2020年6月13日(土)、14日(日)に就実大学(岡山)で開催が予定されていた中・四国アメリカ文学会第49回支部大会は、新型コロナウィルス感染症拡大防止に伴い、中止となりました。ご了承くださいませ。

中・四国支部
2019/11/03

下記の要領で中・四国支部第46回大会を開催いたします。

万障お繰り合わせのうえ、多数ご参加下さいますようご案内申しあげます。

 

会場 広島経済大学 立町キャンパス 132教室

   〒730-0032 広島市中区立町2-25 IG石田学園ビル

期日 12月14日(土)15:00〜17:20

 

【研究発表】

  発表者: 酒井 康宏(米子工業高等専門学校) 15:00〜15:40

  題目: スタインベックの『聖処女ケイティ—』を読む

               ——ケルト文化の観点から

  司会者: 山内 圭(新見公立大学)

 

    (休憩 10分)

 

 『特別講演』

   講演者: Ursula K. Heise(UCLA) 15:50〜17:20

   題目: Urban Storytelling and MultispeciesFutures

   司会者:伊藤 詔子(広島大学名誉教授)

 

【懇親会】

  会場: 伝承しゃぶしゃぶ 銀花櫻

      〒730-0037 広島県広島市中区中町4-18 エスポアールビル1F(☎082-246-7721)

  開始: 18時

  会費: 6,000円

 

出席を希望される方は、12月4日(水)午後5時までに本岡亜沙子先生

(as-moto<アットマーク>hue.ac.jp)まで必ずご一報ください。

※<アットマーク>を@に置き換えてください。スパムメール防止のため


中・四国支部
2017/05/17

下記の要領で中・四国支部第46回大会を開催いたします。万障お繰り合わせのうえ、多数ご参加下さいますようご案内申しあげます。

 

期 日 2017617日(土)・18(日)

会 場 広島修道大学 五号館一階(5102教室)

        〒731-3195 広島市安佐南区大塚東1-1-1 電話082-830-1104

 

1日 617日(土)

 

受   付  (12:3013:20)

開 会 式 (13:2013:30)    会  長  新 田 玲 子 


(13:3014:50)

1. Joel Oppenheimerの詩における「見る/見られる」の構造

発表者  風早 由佳(岡山県立大学)

司 会  谷岡 知美(広島工業大学)

 

2. 電気仕掛けのプロメテウス—ヘミングウェイ作品における「照明」表象—     

発表者  戸田(勝井)慧(広島女学院大学)

司 会  前田 一平(鳴門教育大学)

 

  (15:0016:00)

講 師  河西 英通氏(広島大学)

演 題  『ライ麦畑でつかまえて』—野崎孝と1949年関戸嘉光事件—

        司会  田中 久男(広島大学名誉教授)

 

  (16:1017:10)

講 師  Janna Malamud Smith氏(Teaching Associate in Psychiatry, Harvard Medical School

演 題  Bernard Malamud: Life and Fiction

        司会  新田 玲子(広島大学)

 

懇 親 会    (18:1020:10)

会 場  ホテルサンルート広島15階「トラットリア ヴィアーレ」(広島市中区大手町3-3-1 電話082-244-3069

司 会  塩 田 弘(広島修道大学)

会 費  6,000円  ※支部大会会場から懇親会会場まで貸切バスでお送りします。

 


2日 618日(日)

 

シンポジアム (9:3012:30)

〈聖〉と〈俗〉—ユダヤ系文学の時空—

司 会  広瀬 佳司(ノートルダム清心女子大学)

 

1. 〈聖〉と〈俗〉—シンガー兄弟、マラマッド、オジックの世界—       発題  広瀬 佳司

2. ユダヤ文学に見る聖と俗—バーナード・マラマッドの文学—         発題  鈴木 久博(沼津工業高等専門学校)

3. 墓地の道化—フィリップ・ロスの『サバスの劇場』に見る聖と俗の攪乱—   発題  杉澤 伶維子(関西外国語大学)

4. 「聖」なる壁を越えて—アメリカ映画に見るハシド派社会—         発題  伊達 雅彦(尚美学園大学)

 

総   会 (12:3012:50)    会 長  新田 玲子

閉 会 式 (12:5013:00)    副会長  前田 一平


中・四国支部
2016/11/03

下記の要領で冬季大会を開催いたします。万障お繰り合わせのうえ、多数ご参加下さいますよう、ご案内申しあげます。

 

日時: 123日(土)14:5017:10

場所: 愛媛大学 法文学部中会議室(本館2階) 

    〒790-8577 愛媛県松山市道後樋又10-13

 

【研究発表】

1.発表者: 本田 良平 氏(福山平成大学) 14:5015:30

   題 目: “the darkness rushing past my breast”As I Lay Dyingにおける Dewey Dellの恐怖について—

 司会者: 大野 瀬津子 氏(九州工業大学)

 

2.発表者: 香ノ木 隆臣 氏(岡山理科大学) 15:4016:20

 題 目: T. S. エリオットの詩における「アメリカの嘆き」の諸相

 司会者: 島 克也 氏(安田女子大学)

 

3.発表者: 外山 健二 氏(山口大学) 16:3017:10

 題 目: ポール・ボウルズと〈翻訳〉

 司会者: 島 克也 氏

 

【懇親会】

会場: ふなや (愛媛県松山市道後湯之町1-33089-947-0278

期日: 123日(土) 1800

会費: 6,000円 

 

※ご出席の方は、会場準備の都合上、1125日(金)午後5時までに加藤好文先生(kato.yoshifumi.mu<アットマーク>ehime-u.ac.jp)まで必ずご一報ください。

中・四国支部
2016/05/04

以下の要領で中・四国支部 第45回大会を開催いたします。

 

期 日 2016年6月11日(土)・12(日)

会 場 広島経済大学立町キャンパス(132教室)

     〒730-0032 広島市中区立町2-25     電話082-871-1000

 

第1日 6月11日(土)

 

受   付 (12:50〜13:40)

開 会 式(13:40〜13:50)  議長    会長  新 田 玲 子

研 究 発 表 (13:50〜16:40)

 

                    司会  松 永 京 子(神戸市外国語大学)

1.  Leslie Marmon SilkoのAlmanac of the Deadにおけるビジュアルイメージの役割

                    発表  黒 住  奏(日本学術振興会特別研究員)

    (13:50〜14:30)

 

                    司会  山 野 敬 士(別府大学)

2.  『サンクチュアリ』における南部女性像の解体

     —テンプル・ドレイクが内包する白人性と黒人性—

                    発表  新 井 純 美(広島大学(院))

    (14:30〜15:10)

    (休 憩  10分)

                    司会  山 野 敬 士

3.  物語への眼差し—Rabbit Holeを中心に—

                    発表  森  瑞 樹(広島経済大学)

    (15:20〜16:00)

 

                    司会  吉 岡 志津世(神戸女子大学)

4.  Sula (1973) における黒人共同体とパーリアとしてのSula

                    発表  渡 部 知 美(島根大学)

    (16:00〜16:40)   

    (休 憩  10分)

 

特 別 講 演  (16:50〜17:50)

  講師  水 野 尚 之氏(京都大学)

  演題  劇作家ヘンリー・ジェイムズ

  司会  中 村 善 雄(ノートルダム清心女子大学)

 

懇 親 会  (18:30〜20:30)

  会場  リーガロイヤルホテル広島3階「安芸の間」 (広島市中区基町6-78  電話082-502-1121)

  司会  上 田  みどり(広島経済大学)

  会費  6,000円



第2日 6月12日(日)

 

シンポジアム (9:30〜12:30) 

  アメリカ文学の独立

                   司会  松 島 欣 哉 (香川大学)

 

1. 超絶主義者たちと国民文学—エマソンとフラーを中心に—   

                   発題  松 島 欣 哉

2. オルコットの短篇小説と新しいアメリカの教養  

                   発題  本 岡 亜沙子(広島経済大学)

3. 笑う歴史家—Washington Irvingの史実と夢想のアメリカ—

                   発題  山 口 善 成(高知県立大学)

4. Philadelphia FireにみるThe Tempestの翻案と黒人男性であることの困難

                   発題  山 内  玲(東北大学)

 

総   会 (12:30〜12:50)  議長    会長   新 田 玲 子

閉 会 式 (12:50〜13:00)  閉会の辞  副会長  松 島 欣 哉

 

大会の詳細は支部HP(http://www.chushi-als.org/taikai_new.html)をご参照ください。


中・四国支部
2015/10/30

中・四国アメリカ文学会 冬季大会

 

期 日: 201512月5日(土)14:2016:40

会 場: 比治山大学 7号館3階第三会議室

      732-0068 広島県広島市東区牛田新町4丁目1-1

 

******************************************** 

第1発表 14:2015:00           第2発表 15:1015:50           第3発表 16:0016:40

 

 

                                                           司会  吉田 美津 (松山大学)

1.  食に潜むリスクの伝え方—Ruth L.OzekiMy Year of Meats(1998)におけるメディアを再校する

発表  岸野 英美(松江工業高等専門学校)

  

(休 憩   10分)

 

司会  谷岡 知美(広島工業大学)

2. 「男たちを空気のように喰う」シルヴィア・プラスの屈折の詩篇         

                                                           発表  上杉 裕子(呉工業高等専門学校)

                                                

(休 憩   10分)

 

司会  辻 祥子(松山大学)

3.  言語の所有権を巡って「ベニト・セレノ」の翻訳のポリティックス— 

発表  藤本 幸伸(山口大学)

 

******************************************** 

懇 親 会   (18:00)


会 場: 

 アンデルセンキッチン(広島市中区本通7-1 広島アンデルセン2階、082-247-2403)

 

会 費:

 Aプラン 3,980 (ソフトドリンク)

 Bプラン 4,720 (ソフトドリンクとアルコール)

 

ご出席の方は、会場準備の都合上、1130日午後5時までに重迫和美先生

 (shigesakアットマークhijiyama-u.ac.jp)までご一報下さい。

 

1  2  >