1. 3.政治と経済とEmily Dickinson

3.政治と経済とEmily Dickinson

江田 孝臣 早稲田大学


Vivian R. Pollak編の論文集A Historical Guide to Emily Dickinson (New York: Oxford UP, 2004)に収録された"Dickinson and the Art of Politics"においてBetsy Erkkilaは、Dickinsonが、民主主義の進展に抗して、古いエリート主義的なフェデラリストの精神と感性を持ち続けたと論じている――"Dickinson was a witty and articulate spokesperson for an essentially conservative tradition, a late Federalist state of mind and sensibility, which passed out of favor with the democratic "Revolution" of 1880, when Jefferson was elected president..."。また詩の出版を拒んだことについては――"her refusal to publish was not so much a private act, as it was an act of social and class resistance to the commercial, democratic, and increasingly amalgamated and mass values of the national marketplace."と述べている。このような歴史主義的アプローチはDickinson作品の読みを大きく変える可能性を秘めている。例えば、アンソロジー・ピ−スである"Much Madness is divinest Sense -"で始まるFr620/J435は、狂気を定義する詩でもあるが、多数決という民主主義の根本原理を批判した詩でもある。また同じくよく知られた"I’m Nobody! Who are you? "で始まるFr260/J288は、"His Mansion in the Pool"で始まるFr1355/J1379と合わせて読めば、当時の合衆国の政治シーンの辛辣な戯画とも解釈しうる。この発表では、他にFr788/J709, Fr256/J285, Fr536/J406, Fr530/J567, Fr481/J713等を読み直し、かつErkkilaのWhitman研究書Whitman: The Political Poet (New York: Oxford UP, 1989) と、文化人類学における贈与の理論を援用しながら、民主主義と資本主義経済に対してDickinsonが感じた違和感の由来を探りたい。