1. 1.Fitzgeraldの書くことへの信仰――Tender is the Night 及び後期自伝的エッセイ

1.Fitzgeraldの書くことへの信仰――Tender is the Night 及び後期自伝的エッセイ

池田 幸恵 広島大学(院)

 

F. Scott Fitzgerald が1934年に出版したTender is the Night (以下TITN ) は主人公Dick Diverの破滅を描いた物語である。しかし,そのDickの破滅に説得力がない,破滅の理由があいまいであるという点は,出版当初から現在に渡って最も読者や批評家を悩ませてきた問題であった。Fitzgerald自身はDickの破滅は明確な意図をもって描いたものだと述べており,そのような批判に対して困惑を示した。

このDickの破滅の理由には彼の職業が関係していると考えられる。というのも,Fitzgeraldは1938年にTITN を改訂して再び出版する意思を編集者へ伝えているが,その中でFitzgeraldは“psychiatrist”としてのDickを物語の起点として捉えており,“psychiatrist”という職業をTITN における重要な点と見ていたと言える。さらには,友人Edmund Wilsonへ送った手紙からもFitzgeraldはDickの破滅と彼の職業とは切り離せないものと考えていたことが明らかだ。

これまでもDickの職業を考察した論考はなされてきたが,それらはいずれもDickを“psychiatrist”としてだけ扱ってきた。それ故“psychiatrist”であるはずのDickを本作品中では“psychologist”と表現している箇所が複数あるにもかかわらず,それらは単に“psychiatrist”の言い換えにすぎないものと考えられがちであった。しかし,この点が正確に使い分けられていると仮定し,Dickを“psychiatrist”としてだけでなく,“psychologist”としても捉えるならば,Dickを破滅に至らせる理由がより明確に見えてくる。

Dickの職業の問題はまた,Fitzgerald自身の作家としての姿勢とも深く関わっている可能性がある。彼は基本的に自己の体験を基にして作品を作り上げる自伝的傾向を持った作家であるが,特にTITN を出版した後の1934年と1936年に自伝的作品集の出版を試み,また雑誌Esquire に“The Crack-Up”を含む数々の自伝的エッセイを書くなど,1934年から1937年にかけて意識的に自伝的作品への傾倒を強めてゆく。そのように自伝的作品へ関心を寄せた背景には,職業の問題を通してFitzgeraldがTITN で新たな文学的可能性を見出した為と結論づけることができるだろう。

そこで本発表では,Dickの破滅の理由という問題に端を発し,Fitzgeraldの作家という職業への思いを明確にするとともに,TITN が,1934年から1937年にかけて彼が自伝的作品へ関心を強めてゆくきっかけになっていることを論証し,この時期のFitzgeraldの伝記からだけでは窺えない作家としての姿を明らかにしたい。