1. 2009年度版 学会誌

2009年度版 学会誌

学会誌最新号の目次


最新号、日文号(第46号)・英文号(第8号)の目次、論文題名をご案内しています。


2009年度『アメリカ文学研究』第46号(日文号)

page

論文

 
1竹内 勝徳 “Clap eye on” Captain Pe(g)leg/ Ahab
――メルヴィルによる『白鯨』の原稿修正と反ナショナリズムの衝動
17古屋 耕平 「頭を突き出した蛇のような疑念」
――ホーソーンのSeptimius Felton における歴史のディレンマ
33宮永隆一朗 我々の「子供への愛」イデオロギー
――リチャード・パワーズ『さまよえる魂作戦』
 
page

書評

 
52別府 惠子 渡辺利雄著『講義 アメリカ文学史――東京大学文学部英文科講義録』
58富山太佳夫 日本ウィリアム・フォークナー協会編『フォークナー事典』
62飯野 友幸 池末陽子・辻和彦著『悪魔とハープ――エドガー・アラン・ポーと十九世紀アメリカ』
67前川 玲子 巽孝之編著,出口菜摘・志村正雄・竹村和子・亀井俊介・田中久男・後藤和彦著『反知性の帝国――アメリカ・文学・精神史』
73松下千雅子 高野泰志著『引き裂かれた身体――ゆらぎの中のヘミングウェイ文学』
79千葉 義也 武藤脩二著『ヘミングウェイ『われらの時代に』読釈――断片と統一』
84吉原 真里 宇沢美子著『ハシムラ東郷――イエローフェイスのアメリカ異人伝』
89樋渡真理子 諏訪部浩一著『フォークナーの詩学 1930−1936 』
93諏訪部浩一 藤平育子著『フォークナーのアメリカ幻想――『アブサロム、アブサロム!』の真実』
 
100短評
104アメリカ文学研究書目一覧
107日本アメリカ文学会
会則「登録団体」規約本部構成・支部事務局・大会報告・会計報告
120投稿規定
124編集後記








The Journal of the American Literature

Society of Japan No.8


(SAL Cumulative No.46)(英文号)

page

CONTENTS

 
1Yoshiaki FURUI “No One Is His Own Sire”:
Dead Letters and Kinship in Melville’s Pierre
19FUKUI Takashi Smooth Criminals in the Late Nineteenth-Century U. S.:
An Alger Hero's Possible Fall from Grace
39Madoka KISHI “To Embalm All the Tenderness of My Passion”:
Zora Neale Hurston’s Their Eyes Were Watching God as an Allegory of Anthropology
57Greg BEVAN “The Sentience of All Vegetable Things”:
Paul Bowles, Edgar Allan Poe, and the Paranormal
 
77New Arrivals
89ALSJ General Meeting Program and Symposia Proceedings
103Contributors