1. 2006年度版 学会誌

2006年度版 学会誌

学会誌最新号の目次


最新号、日文号(第43号)・英文号(第5号)の目次、論文題名をご案内しています。


2006年度『アメリカ文学研究』第43号(日文号)

page

論文

 
1山口志のぶ 『鳩の翼』のギャラリー ――言語表象化された連作画――
27瀬戸奈美子 『エイジ・オブ・イノセンス』におけるエレンと肖像画
45余田 真也 William Faulknerのインディアン物語にみる異種混淆の近代
61田中 千晶 〈帝国〉への逆襲――Toni Morrison のTar Baby に隠蔽されたフォークロア――
75渡邉真理子 ゾンビ化するアメリカの夢――Continental Drift におけるアメリカとハイチ――
 
page

書評

 
98山内功一郎 飯野 友幸 著『ジョン・アッシュベリー
― 「可能性への賛歌」の詩』
103成田 雅彦 入子 文子 著『ホーソーン・《緋文字》・タペストリー』
109大島由起子 小澤奈美恵 著『アメリカ・ルネッサンスと先住民
― アメリカ神話の破壊と再生』
114高尾 直知 亀井 俊介 監修『アメリカ ― 文学史・文化史の展望』
122丹羽 隆昭 川窪 啓資 編『ホーソーンの軌跡 ― 生誕二百年記念論集』
128高田 宣子 木村 慧子 著『シルヴィア・プラス ― 父の娘,母の娘』
133中村 紘一 後藤 和彦 著『敗北と文学 ― アメリカ南部と近代日本』
139巽 孝之 柴田 元幸 著『アメリカン・ナルシス
―― メルヴィルからミルハウザーまで』
145梶原 照子 田中  礼 著『ウォルト・ホイットマンの世界』
152高岸 冬詩 土岐 恒二/児玉 実英 監修
『記憶の宿る場所―エズラ・パウンドと20世紀の詩』
158別府 惠子 羽田美也子 著『ジャポニズム小説の世界―アメリカ編』
164深瀬有希子 風呂本惇子 編『カリブの風―英語文学とその周辺』
170笹田 直人 松本  昇/広瀬 佳司/吉田 美津/桧原 美恵/吉岡志津世 編
『越境・周縁・ディアスポラ ― 三つのアメリカ文学』
176渡邉真理子 三浦 玲一 著『ポストモダン・バーセルミー
「小説」というものの魔法について』
182野田 研一 鷲津 浩子 著『時の娘たち』
 
188短評
197アメリカ文学研究書目一覧
201日本アメリカ文学会
会則「登録団体」規約本部構成・支部事務局・大会報告・会計報告
215投稿規定
217編集後記








The Journal of the American Literature

Society of Japan No.5


(SAL Cumulative No.43)(英文号)

page

CONTENTS

 
1Midori ASAHINA “Pursuing you in your transitions" :
Reading the Epistolary Exchanges between Emily Dickinson and Helen Hunt Jackson
21Greg BEVAN Beyond the Father and Son:
The Rise of Modem Morocco in Bowles' The Spider's House
34Yuri SAKUMA Montage of a Dream Deferred:
Langston Hughes, Harlem, and Jazz in the 1940s
54Michio ARIMITSU A Counter-Sign in the Punch Line:
The Tragi-Comic Blending of ldentities in Ralph EIlison's
Invisible Man
72Keiko SHIMOJO Solo Performance of the Private “eye/l " in Paul Auster's Ghosts
 
page

Book Review

 
90Scott PUGH ISHIHARA,Tsuyoshi. Mark Twain in Japan:
The Cultural Reception of American Icon.
Columbia and London: U of Missouri P, 2005.
94Mary A. KNIGHTON lkuko FUJIHIRA, Noel POLK, HisaoTANAKA, Editors.
History and Memory in Faulkner's Novels
(Tokyo: Shohakusha Publishing Co.,2005)
 
100New Arrivals
117ALSJ General Meeting Program and Symposia Proceedings