1. 平成25年度 中・四国アメリカ文学会第42回大会
 

平成25年度 中・四国アメリカ文学会第42回大会

期日:平成25年6月8日(土)・9日(日)

会場:松山大学・文京キャンパス (本館6階大ホール)

  790-8578 松山市文京町4-2 電話(089)925-7111

 

第1日 6月8日 (土)

受   付 (13:00〜13:50)

開 会 式 (13:50〜14:00)        開会の辞 会 長  加 藤  好 文

研 究 発 表 (14:00〜16:50)

                          司会  前 川 祐 治(広島女学院大学)

1.  Their Eyes Were Watching Godの男性性表象に見るZora Neale Hurstonの人種意識

                               発表  山 内  玲 (香川大学)

                               司会  松 島 欣 哉(香川大学)

2.  『白鯨』の多国籍水夫たちは白人英語を話す!?―翻訳という文学研究の可能性―

                               発表  藤 本 幸 伸(山口大学)

                     (休 憩  10分)

                               司会  島  克也(島根大学(非))

3.  不遇の作家キルゴア・トラウトを読み直す

                         発表  中 山 悟 視(海上保安大学校)

                                司会  重 迫 和 美(比治山大学)

4.  カラーブラインド・フォークナー?

―性差と人種のパリンプセストとしての『アブサロム・アブサロム!』と『エルサレムよ、我もし汝を忘れなば』―

発表  森  有 礼(中京大学)

(休 憩  10分)

特 別 講 演  (17:00〜18:00)

講師  藤 平 育 子 氏 (中央大学)

演題  反抗的人間の美学

司会  大 地 真 介 (広島大学)

懇 親 会  (18:30〜20:30)

会場  生協食堂「カルフール」

司会  辻 祥子 (松山大学)

会費  4,000円



第2日 6月9日(日)

シンポジアム (9:30〜12:30)

カウンターナラティヴから読むアメリカ文学

 

                             司 会 城戸 光世 (広島大学)

1. 水兵と奴隷の物語:『ホワイト・ジャケット』に見られるカウンターナラティヴの限界

                             発題 辻 祥子 (松山大学)

2.土地の記憶を語る――アードリックのノース・ダコタ作品群

                             発題 横田 由理(大東文化大学)

3.Countering Injustice in War and Terror: Julie Otsuka's When the Emperor Was Divine

                             発題 Michael Gorman (広島市立大学)

4.科学と詩学が出会うところ―マリルー・アウィアクタと原子をめぐるナラティヴの挑戦―

                             発題 松永 京子(神戸市外国語大学)

 

総   会 (12:30〜13:00) 議  長  会 長  加 藤 好 文

閉 会 式 (13:00〜13:10) 閉会の辞  副会長  新 田 玲 子