1. 東京支部11月月例会のお知らせ
 

東京支部11月月例会のお知らせ

◆2013年11月例会のお知らせ

2013年11月16日(土)午後1時半より

慶應義塾大学三田キャンパス  研究室棟A・B会議室

 

研究発表

ツルゲーネフ『処女地』と『カサマシマ公爵夫人』

「小説」と美・身体・歴史

講師:海老根静江(お茶の水女子大学名誉教授)

司会:町田みどり(一橋大学)

 

***

分科会

 

近代散文

 

案内葉書では発表をお知らせしましたが、その後やむを得ない事情により、発表予定者辞退のため休会に致します。

 

現代散文

サイケデリック・シンパシー

ジュンパ・ラヒリの“Hema and Kaushik”における感傷とロックンロール

志賀俊介(慶應義塾大学・院)

 

やせたちいさなインディアンの舵手

『草の葉』におけるアメリカ先住民像

関根路代(東京都市大学・非)

 

演劇・表象

国立劇場研究の現在

米国とジャマイカのケーススタディ

松田智穂子(一橋大学・非)

 

→全体会の要旨、分科会のタイトルと要旨は、支部ホームページをご確認ください。