1. 12月3日(土)第15回アメリカ文学会北海道支部大会(於:北星学園大学)
 

12月3日(土)第15回アメリカ文学会北海道支部大会(於:北星学園大学)

2005/12/03

第1部 特別講演

司会:上西哲雄(北星学園大学)

講師と演題:田中久男(広島大学)「南部文化のかたちとしての暴力――Emmett Till事件と<乾燥の九月>」


第2部 シンポジウム

司会兼講師:松井美穂(札幌市立高専)

講師と題目:

鎌田禎子(北海道医療大学)「幻想の貴族――ポーと南部と黒と闇」

松井美穂「フィリピン人が見た南部――被植民者のまなざしを通してReflections in a Golden Eye を読む」

茅野佳子(明星大学)「ピーター・テイラーの『越境する<南部>』――南部白人作家の描く黒人像と人種関係に関する一考察」

本村浩二(関東学院大学)「“A Curtain of Green” の<雨>から “Dry September” の<土埃>へと――Weltyというレンズを通してFaulknerを読むことの一例」

 

*終了後、北星学園大学学生会館にて懇親会