1. 3月31日『北海道アメリカ文学』第25号発行
 

3月31日『北海道アメリカ文学』第25号発行

2009/03/31

特別寄稿論文

林 以知郎  祝祭と憑在――建国期アメリカ文化と異人たちの帰還


特集

楽園の向こう側――ハワイ研究への誘い

伊藤  章  まえがき ハワイローカル文学の開花

矢口 祐人 目本における戦中のハワイイメージ

渡部あさみ Lois-Ann YamanakaのWild Meat and Bully Burgersにおける身体とアイデンティティ

伊藤 章  ハワイローカル文学と植民地時代の記憶


研究論文

本村 浩二 サザン・レディのアイデンティティの問題をめぐって――Eudora WeltyのThe Optimist's Daughter


書評

寺山佳代子著「『もの憂いブルース』――アメリカ黒人の歌と踊りの宝庫」(風呂本惇子・松本昇編著『英語文学とフォークロア――歌、祭り、語り――』所収)――皆川 治恵

本荘 忠大著「『持つと持たぬと』に見るヘミングウェイの階級意識――隠蔽された男性性喪失の恐怖――」(田中久男監修早瀬博範編著『アメリカ文学における階級――格差社会の本質を問う』所収)――新関 芳生

本村 浩二著「ウェルティのクェンティン――『響きと怒り』第二章と『黄金の林檎』第五章」(根本治監修松崎博・米山正文編著『国家・イデオロギー・レトリック――アメリカ文学再読』所収)――鎌田 禎子