1. 3月31日『北海道アメリカ文学』第26号発行
 

3月31日『北海道アメリカ文学』第26号発行

2010/03/31

特集

ノリス、ロンドン、ドライサーと文学市場

岡崎   清まえがき

村山 淳彦ドライサーはポーの徒弟?

小古間甚一セオドア・ドライサーとジャック・ロンドン ――19世紀転換期における文学市場と作家業

岡崎   清フランク・ノリスの短編について


研究論文

Tadahiro HonjoHemingway and Africa in the 1930s: Portrayals of Africans and Hemingway’s Racia1 Consciousness

Sota AkamaStoic Meditations and Chaotic Imaginations : The Voice of Marcus Aurelius in The World According to Garp

Asami WatanabeBody,Memory,Crossing Borders: Demystification and Reconstruction of “Vietnam” in Aimee Phan’s Exile Narrative.


連載エッセイ 1

片山  厚内に志すものの半世紀を越える歩み――北海道とアメリカ文学


書評

松岡信哉著 「禅仏教とアメリカのカウンターカルチャー ―― ゲーリー・スナイダーの日本体験」―― 羽村 貴史

中川法城監修、高橋勇二、藤谷聖和、藤本雅樹編著『黒船の行方――アメリカ文学と「日本」』(英宝社)所収

高橋克依著『篠路村烈々布素人芝居』(響文社)―― 山下  興作


翻訳紹介

藤井光訳、デニス・ジョンソン著『煙の樹』(白水社) ―― 本城 誠二