1. 3月31日『北海道アメリカ文学』第27号発行
 

3月31日『北海道アメリカ文学』第27号発行

2011/03/31

特別寄稿

『ライ麦畑』とクルマ――ジャグァー、キャディラック、イエロー・キャブ、そして回転木馬――丹羽 隆昭


特集

ロサンゼルスの文学的表象(Literary Los Angeles)

 

いま、なぜロサンゼルスか伊藤  章

The Land of the Freeway: ロサンゼルスとアメリカン・ロード藤井  光

Aztlan: We Didn't Cross the Border, The Border Crossed Us加藤 隆治

The Day of the LocustとAsk the Dustにみるロサンゼルス伊藤  章


研究論文

Imagining Japanese American Diaspora: Hybridity and Embodied Identities in Lee Ann Roripaugh's Works

Asami Watanabe


連載エッセイ 2

大きな心に懐疑と収斂の小さな空間を――北海道とアメリカ文学   片山  厚


新書紹介

研究書

塚田幸光著『シネマとジェンダー ――アメリカ映画の性と戦争』 松井 美穂

小古間甚一著「『野性の呼び声』における疎外された労働とその解放」(アメ労編集委員会編『文学・労働・

アメリカ』所収) 岡崎  清

矢口祐人著『憧れのハワイ――日本人のハワイ観』 渡部あさみ

 

文芸書

矢口以文著『詩ではないかもしれないが、どうしても言っておきたいこと』 松田 寿一

渡辺信二著『日本の論理 ジャパンの叙情』 野坂 政司

木村淳子著『美しいもの』 熊谷ユリヤ