1. 伊藤詔子『はじめてのソロー 森に息づくメッセージ』(NHKカルチャーラジオ 文学の世界)NHK出版,2017.1.1, A5判159頁,  \905

伊藤詔子『はじめてのソロー 森に息づくメッセージ』(NHKカルチャーラジオ 文学の世界)NHK出版,2017.1.1, A5判159頁,  \905

概要

日本人にとってソローといえば『ウォールデン 森の生活』。しかし、何となくタイトルは知っているが、読んだことはないという人が多いのではないか。またソローは多くの名言・警句で名高いが、生誕二〇〇年となる2017年に、これらを作品中の文脈に置き直してみると、もっと深い意味がつかめるかも知れない。本書はソロー文学の初心者に向け、ソローの二十一世紀的意味を問い直す試みである。



目次

はじめに

 

ソローの青年期――ウォールデンの森に入るまで

 

『ジャーナル』――なぜ、自然を物語るのか

 

『ウォールデン――森の生活』(一)――「自然の経済」とは何か

 

『ウォールデン――森の生活』(二)――森と町の境界に立つ

 

『ウォールデン――森の生活』(三)――多様な読まれ方を知る

 

『ウォールデン――森の生活』(四)――物語に隠された真実

 

『市民の不服従』(一)――ソローはなぜ刑務所に入ったのか

 

『市民の不服従』(二)――受け継がれた「不服従」の遺産


ソローの生涯――『一週間』の出版とエコロジーの発見

『メインの森』と『コッド岬』――野生とアメリカ史の原点

「ウォーキング」――世界は野生の中で保たれる

ソロー文学と『沈黙の春』――再生なき自然の悲劇

女性たちのウォールデン――「この場所」を愛して生きる

地図 ソローが生きたアメリカ
 
参考文献一覧