1. 新着情報
 

新着情報

 

その他
2018/11/07 中・四国アメリカ学会 第46回年次大会のご案内  

中・四国アメリカ学会

第46回年次大会プログラム

2018年11月17日(土)広島市立大学サテライトキャンパス

 

理事会(11:30〜12:00): 小教室         司会 中野 博文(北九州市立大学)

受付開始(12:00〜): セミナールーム1教室

開会の辞(13:00〜13:10)              中野 博文(北九州市立大学)

 

研究発表(13:10〜15:10)       

・1940年代・1950年代のアメリカにおける青少年の精神形成と、国民的ヒーロー像・フィリピン独立・中国系移民問題との関係性(13:10-13:50)     

 報告者:島 克也(安田女子大学)、司会:伊藤 詔子(広島大学名誉教授)

・第二次世界大戦期の日系アメリカ人再定住政策と在米邦人(13:50-14:30)

報告者:松盛 美紀子(同志社大学嘱託講師)、司会:寺田 由美(北九州市立大学)

・〈チカーノ・ユリシーズ〉の帰郷の意義——アナーヤの四季四部作とジョイスの『ユリシーズ』(14:30-15:10)

報告者:水野 敦子(山陽女子短期大学)、司会:塩田 弘(広島修道大学)

 

コーヒー・ブレイク(15:10〜15:20)

 

シンポジウム(15:20〜17:30、途中10分のブレイクを含む)

「太平洋のリテラシー」 モデレーター:中野 博文(北九州市立大学)

・海のリテラシー——北大西洋海域史から

報告者:田中 きく代(関西学院大学名誉教授)

・1950年代半ば〜1960年代初めにおける日本のマグロ遠洋漁業とアメリカ——「生業型」と「移動労働型」の漁村に焦点を当てて

報告者:土屋 由香(京都大学)

・「ゴジラ」から「オクトジラ」へ——移動するウランの言説の行方

報告者:松永 京子(神戸市外国語大学)

 

総会(17:30〜17:45)            司会 中野 博文(北九州市立大学)

閉会の辞(17:45〜17:50)            事務局長 山本 貴裕(広島経済大学)

懇親会(18:30〜20:30)

リーガロイヤルホテル広島33F ダイニングバー・リーガトップ 広島市中区基町6-78

 

プログラムのPDF版はこちらにご用意しております。


その他
2018/11/07 新関芳生先生講演会開催のご案内  

この度、新関芳生先生の講演会を以下のように企画いたしました。(添付資料もご覧ください。)

 

 ご来聴いただければ幸いです。

 

 よろしくお願いいたします。

 

                          敬具

 

 

                京都大学大学院人間・環境学研究科 水野尚之

新関芳生先生講演会

 

題目:角が折れたユニコーン——脳外科手術とアメリカ文学

 

新関芳生先生:関西学院大学教授。北海道大学文学研究科修了。第30回記念若手研究者奨励賞(日本アメリカ文学会)受賞。日本ヘミングウェイ協会編集長、日本英文学会関西支部大会準備委員、日本英文学会関西  支部編集委員長などを歴任。著書:『異相の時空間:アメリカ文学とユートピア』(共著。大井浩二他編、英宝社)。『アーネスト・ヘミングウェイの文学』(共著。今村楯夫編著、ミネルヴァ書房 )。『ヘミング ウェイを横断する:テクストの変貌』(共著。日本ヘミングウェイ協会編、本の友社)他多数。

 

司会:鈴木智子先生(獨協大学・非)

 

 

日時:11月16日(金)午後2時45分〜4時15分

 

場所:京都大学文学部校舎第6講義室

 

入場無料

 

【問い合わせ先】 京都大学大学院人間・環境学研究科  水野尚之  Eメール: 添付資料をご覧ください。

 



その他
2018/10/19 前田一平先生講演会開催のご案内  

この度、前田一平先生の講演会を下記のように企画いたしました。(添付資料ももご覧ください。)

 

ご来聴いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

 

                                     

 前田一平先生講演会

 

演題:ヘミングウェイと「デ」ニシエーション

 

— 批評とニック・アダムズ物語 —

 

 

前田一平先生:鳴門教育大学教授、日本ヘミングウェイ協会会長、中・四国アメリカ文学会会長。広島大学文学博士。著書:『若きヘミングウェイ—生と性の模索』(南雲堂)他、翻訳:ジェイミー・フォード著『あ  の日、パナマホテルで』(集英社)、論文:「教育学部のアメリカ文学史」他、シンポジウム・講演:「アメリカ文学史を語る—正典戦争後の再考と実践」など多数。

 

 

司会:高野泰志先生(九州大学人文科学研究院准教授)

 

日時:10月26日(金)午後2時45分〜4時15分

 

場所:京都大学文学部校舎 第6講義室

 

入場無料

 

【問い合わせ先】

 

京都大学大学院人間・環境学研究科  水野尚之

 

Eメール: n-mustache@nifty.com


衛星学会
2018/10/03

日本マーク・トウェイン協会第22回全国大会は、以下の通りに開催予定です。

日時:2018年11月3日(土)13時30分から

会場:ITビジネスプラザ武蔵 6階 交流室2

(http://www.bp-musashi.jp 石川県金沢市武蔵町14番31号 )

 

13:00−13:25 総会

13:30      開会挨拶  日本マーク・トウェイン協会会長 里内克巳

13:40~15:00 Benjamin Griffin氏(カリフォルニア大学バークレー校、マーク・トウェイン・プロジェクト)講演 

演題: “Mark Twain’s San Francisco Correspondence 1865-1866.”

司会: 有馬容子(敬愛大学)

 

15:20~16:40 第2回国際フォーラム “New Directions in Mark Twain Studies in Japan”

司会: 石原剛(早稲田大学)

講師: ハーン小路恭子(金沢大学)、福井崇史(國學院大學)、

細野香里(慶應義塾大学・大学院)、山本祐子(神戸女子大学・講師)

 

17:00     閉会


その他
2018/08/05 日本ウィリアム・フォークナー協会 第21回全国大会のご案内  

創立20周年 日本ウィリアム・フォークナー協会 第21回全国大会

 

 日本ウィリアム・フォークナー協会は、今年度より研究領域を拡大して南部文学全般を対象とすることになりました。アメリカ文学に関心のある方はどなたでもご参加ください。会員以外の方のご来聴を歓迎いたします。

 

日時:2018年9月8日(土)10時30分より

場所:龍谷大学(大宮キャンパス) 東黌301教室

 

*研究発表(10:30〜12:40)

司会:山下 昇(相愛大学名誉教授)

1.ハーン小路恭子(金沢大学)

「Rebel Girls, Long-legged Tomboys, and Teenage Desperados ——南部女性文学における反逆する娘像と連帯のナラティブ」

 

2.島貫香代子(関西学院大学)

「『野性の棕櫚』における異文化表象——ポーランド系移民とケイジャンを中心に」

 

3. 松下紗耶(九州大学大学院生)

「ブラック・アウトの作用——Go Down, Mosesにおける人種観再考」

 

*講演(14:05〜14:25)

平石貴樹(日本ウィリアム・フォークナー協会会長)

「フォークナー協会の20年を振り返って——若い皆さんにむけて」

 

*シンポジウム(14:40〜17:10)「ケイト・ショパンと南部」

講師:風呂本惇子

   「“Cane River World”——揺らぐショパンの小宇宙」

 

講師:本合 陽(東京女子大学)

   「Kate Chopin とクィアなスペース」

 

講師:若林麻希子(青山学院大学)

   「心象風景としてのルイジアナ——Kate Chopinの地方主義再考」  

 

司会・講師:佐々木真理(実践女子大学)

   「Ednaたちの目覚め——変容する南部女性の身体」  

 

*懇親会(創立20周年祝賀会)(17:30より) 

龍谷大学(大宮キャンパス)清和館3階ホール

 

*お問合先:日本ウィリアム・フォークナー協会事務局

     faulkner_society@yahoo.co.jp

  ポスターとアクセスガイドはこちらをご参照ください。


その他
2018/06/20 前田一平先生講演会「ヘミングウェイと「デ」ニシエーション— 批評とニック・アダムズ物語 —」  

謹啓

 

 

 この度、前田一平先生の講演会を下記のように企画いたしました。(添付もご覧ください。)

 

 ご来聴いただければ幸いです。

 

 よろしくお願いいたします。

 

                                     敬具

 

 

                       京都大学大学院人間・環境学研究科 水野尚之

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

前田一平先生講演会

 

演題:ヘミングウェイと「デ」ニシエーション

 

— 批評とニック・アダムズ物語 —

 

 

前田一平先生:鳴門教育大学教授、日本ヘミングウェイ協会会長、中・四国アメリカ文学会会長。広島大学文学博士。著書:『若きヘミングウェイ—生と性の模索』(南雲堂)他、翻訳:ジェイミー・フォード著『あ  の日、パナマホテルで』(集英社)、論文:「教育学部のアメリカ文学史」他、シンポジウム・講演:「アメリカ文学史を語る—正典戦争後の再考と実践」など多数。

 

 

司会:高野泰志先生(九州大学人文科学研究院准教授)

 

日時:7月6日(金)午後2時45分〜4時15分

 

場所:京都大学文学部校第6講義室

 

入場無料

 

【問い合わせ先】

 

京都大学大学院人間・環境学研究科  水野尚之

 問い合わせ先詳細情報は添付資料を御覧ください。


その他
2018/06/07 Mark Seltzer教授(University of California at Los Angeles) 講演会  

謹啓

 

 

 この度、Mark Seltzer教授の講演会を下記のように企画いたしました。(添付資料もご覧ください。)

 

 ご来聴いただければ幸いです。

 

 よろしくお願いいたします。

 

                                     敬具

 

 

                       京都大学大学院人間・環境学研究科 水野尚之

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

Mark Seltzer教授(University of California at Los Angeles) 講演会

 

 

演題:Art in the Era of Social Systems

 

 

司会:森本 光(京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程)

 

日時:6月19日(火)午後2時45分〜4時15分

 

場所:京都大学人間・環境学研究科棟 地下B23A(吉田南キャンパス)

 

入場無料

 

【問い合わせ先】京都大学大学院人間・環境学研究科  水野尚之 (問い合わせ先詳細は添付資料をご覧ください)

 


衛星学会
2018/01/15

この度、鵜殿えりか先生の講演会を下記のように企画いたしました。(添付もご覧ください。)

 

 ご来聴いただければ幸いです。

 

鵜殿えりか先生講演会 「トニ・モリスンの小説の物語構造」

 

日時:1月19日(金)午後2時45分〜4時15分

 

場所:京都大学大学院人間・環境学研究科棟 地下講義室B23A(吉田南キャンパス) 入場無料

 

鵜殿えりか(うどの えりか)先生

 

愛知県立大学名誉教授 (日本アメリカ文学会中部支部・前支部長)             

 

著書:『トニ・モリスンの小説』(彩流社, 2016)アメリカ文学会第一回学会賞受賞, 『新たなるトニ・モリスンーその小説世界を拓く』(共編著、金星堂、2017),『ハーストン、ウォーカー、モリスンーアフリカ系アメリカ女性作家をつなぐ点と線』(共編著、南雲堂フェニックス、2007),他多数。

 

 

 

問い合わせ先 京都大学大学院人間・環境学研究科 水野尚之 (問い合わせ先詳細は添付資料をご覧ください)


2018/01/15

 この度、鵜殿えりか先生の講演会を下記のように企画いたしました。(添付資料もご覧ください。)

 

 ご来聴いただければ幸いです。

 

 

鵜殿えりか先生講演会 「トニ・モリスンの小説の物語構造」

 

日時:1月19日(金)午後2時45分〜4時15分

 

場所:京都大学大学院人間・環境学研究科棟 地下講義室B23A(吉田南キャンパス) 入場無料

 

鵜殿えりか(うどの えりか)先生

 

愛知県立大学名誉教授 (日本アメリカ文学会中部支部・前支部長)             

 

著書:『トニ・モリスンの小説』(彩流社, 2016)アメリカ文学会第一回学会賞受賞, 『新たなるトニ・モリスンーその小説世界を拓く』(共編著、金星堂、2017),『ハーストン、ウォーカー、モリスンーアフリカ系アメリカ女性作家をつなぐ点と線』(共編著、南雲堂フェニックス、2007),他多数。

 

 

問い合わせ先 京都大学大学院人間・環境学研究科 水野尚之  (詳細は添付資料をご覧ください)

 


衛星学会
2017/11/23 翻訳家 柴田元幸氏講演会のご案内「あまりアメリカ的でないアメリカ人芸術家たちについて−小説、詩、写真、漫画」  

 

翻訳家で、本学の客員教授である柴田元幸氏による講演会を開催いたします。

 

柴田氏は、長らくアメリカ現代作家の作品を中心に英語作品の翻訳に携わられ、これまでに翻訳賞を多数受賞されており、先月には村上春樹氏も受賞された第6回早稲田大学坪内逍遥大賞を受賞されています。

 

また、昨年は本学創立70周年記念事業として、「小説家と翻訳家の朗読会 −小川洋子・柴田元幸」と題した小説家と翻訳家のコラボレーションによる朗読会を行っていただき、多数の参加をいただきました。

 

今回は、「あまりアメリカ的でないアメリカ人芸術家たちについて」と題し、日本ではあまり知られていない独特な作家やアーチストの小説、詩、写真から漫画まで様々なジャンルの作品を紹介します。

 

 

 

1.概要

 

(1)日時

 

平成29年12月23日(土曜) 13時30分〜15時

 

(2)場所

 

神戸市外国語大学 第2学舎 502教室

 

(神戸市西区学園東町9丁目1 市営地下鉄「学園都市駅」から徒歩3分)

 

(3)題目

 

「あまりアメリカ的でないアメリカ人芸術家たちについて−小説、詩、写真、漫画」

 

・紹介予定の作家、芸術家

 

ウィンザー・マッケイ(漫画家)、ソール・ライター(写真家・画家)、

 

チャールズ・レズニコフ(詩人)、ソール・スタインバーグ(イラストレーター)

 

(4)講師

 

柴田 元幸(しばた もとゆき) 神戸市外国語大学客員教授、東京大学名誉教授。

 

文芸雑誌『MONKEY』責任編集、「村上柴田翻訳堂」(新翻訳シリーズ)、

 

最新翻訳書にジャック・ロンドン『犬物語』(2017)、スティーヴ・エリクソン『

 

ゼロヴィル』(2016)など。翻訳賞受賞多数。

 

2.参加方法


当日12時30分より会場前で先着順にて受付(参加費無料) 

<<  <  1  2  3  >  >>