1. 新着情報
 

新着情報


その他
2017/01/15 どう実践する! ジェンダー平等、人文社会科学系学協会における男女共同参画推進に向けて  
「どう実践する! ジェンダー平等、人文社会科学系学協会における男女共同参画推進に向けて」のご案内

詳細はフライヤーを御覧ください。



その他
2017/01/06 特別講演会「ホーソン『緋文字』研究の新展開、ヴァーコビッチを越えて」のご案内  
入子文子先生による、特別講演会「ホーソン『緋文字』研究の新展開、ヴァーコビッチを越えて」の開催のご案内です。

詳細はポスターを御覧ください。



その他
2017/01/01 UCLA(カリフォルニア大学ロサンザルス校)のKing-Kok Cheung(キンコック・チャン)教授の講演開催のご案内  
UCLA(カリフォルニア大学ロサンザルス校)のKing-Kok Cheung(キンコック・チャン)教授の講演開催のお知らせ
 
2017年1月26日(木)および1月28日(土)に神戸大学人文学研究科において、アジア系アメリカ文学研究の第一人者であるUCLA(カリフォルニア大学ロサンザルス校)のKing-Kok Cheung(キンコック・チャン)教授の講演を2回にわたって開催します。
 
◇King-Kok Cheung教授講演会
日時:2017126() 10:4012:10
会場:神戸大学人文学研究科A1 学生ホール
題目:“Independence and Interdependence in Asian / American Life-writing / (Auto)Biography”  (「アジア系/アメリカ人のライフ・ライティング/(オート)バイオグラフィーにおける自立と相互依存」)
講師: Prof. King-Kok Cheung(UCLA教授)
 
◇King-Kok Cheng教授をお招きしての科研プロジェクト研究会
日時:2017128() 15:0018:00
会場:神戸大学人文学研究科A1 学生ホール

特別講演:

題目:”Transnational and Polyglot Asian American Literature: Intersection of Comparative Literature and Asian American Studies”(「トランスナショナルな多言語使用のアジア系アメリカ文学―比較文学とアジア系アメリカ研究の交差」)

講師: Prof. King-Kok Cheung(UCLA教授)
(共催:アジア系アメリカ文学研究会)
 
詳しくは添付のポスターをご覧ください。
 
※なお、この二つの講演は、基盤研究(C)研究課題名「アジア系アメリカ文学研究のポスト・グローバリズム的展開と多極的研究体制の構築」(研究代表者:山本秀行)の一環として開催されます。 
お問い合わせは、神戸大学・山本秀行までお願いします。

その他
2016/11/23
多民族研究学会第27回全国大会

日時:2016年12月17日(土)13:00〜
場所:専修大学 神田校舎 5号館4階 541教室

*総合司会:ハーン恭子(上智大学)
*開会の辞:西垣内磨留美(会長・長野県看護大学)
*開催校挨拶:坂野明子(専修大学)

*研究発表@(13:15〜14:00)/司会:伊達雅彦(尚美学園大学)
秋田万里子(日本女子大学学術研究員)
「記憶の捏造から受容へ――Cynthia OzickのThe ShawlにおけるRosaの “life” 回復の過程」
*研究発表A(14:05〜14:50)/司会:山本伸(四日市大学)
伊藤みちる(大妻女子大学)
「クレオール化のダイナミズムと白人性の多様性――トリニダードとバルバドスの比較研究」

*講演(15:00〜15:50)/司会:並木信明(専修大学)
山嵜文男(東京農業大学)
「黒い血」をめぐる『アブサロム、アブサロム!』の語り

*講演(16:00〜16:50)/司会:平尾吉直(首都大学東京非常勤講師)
鈴木裕之(国士舘大学)
「恋する文化人類学者は、アフリカで何を見たのか?――調査と体験の狭間」

*閉会の辞(16:50〜17:00):吉田美津(副会長、松山大学)

*総会(17:00〜17:30)

参加費:500円(事前申込不要・会員外の方でもご参加いただけます)

その他
2016/11/23 公開ワークショップ 「ポスト冷戦期文学における戦争とサバイバル」のご案内  
 公開ワークショップ「ポスト冷戦期文学における戦争とサバイバル」のご案内

以下の要領で公開ワークショップを開催いたします。多くの皆様のご参加をお願い申し上げます。

公開ワークショップ
「ポスト冷戦期文学における戦争とサバイバル」
(主催:JSPS科研費JP26370350 共催:九州アメリカ文学会)

日時:2016年12月17日(土)14時20分〜17時
場所:福岡大学 文系センター棟9階学部共通室B(福岡市城南区七隈8−19−1)

司会:渡邉真理子(西九州大学)
講師:下條恵子(九州大学)「生き残りの技巧――オースター作品におけるパフォーマンス」
講師:渡邉真理子「ティム・オブライエンのヴェトナム」
講師:秋元孝文(甲南大学)「エトガル・ケレットとユダヤのサバイバル」
ディスカッサント:諏訪部浩一(東京大学)

懇親会(19時〜)
R Style(アールスタイル)天神大名店
(福岡県福岡市中央区大名1-12-56  The Shops 2F)
電話:050-5834-5174   予算:4,500円程度

※問い合わせ先 渡邉真理子
詳細はフライヤーをご覧ください。

その他
2016/11/21 上西哲雄 先生講演会のご案内  

上西哲雄 先生講演会

 

題目:金持小説として読む『グレート・ギャツビー』

 

上西哲雄先生:東京工業大学教授、日本F.スコット・フィッツジェラルド協会会長、日本マーク・トウェイン協会編集委員長。共著:『ヘミングウェイと老い』(松籟社)、『読み直すアメリカ文学』(研究社出版)、他。論文:「金持小説としての『アブサロム、アブサロム! : 一九一〇年の風景をどう読むか」、「『西部放浪記』に読むトウェインの南北戦争 : F・スコット・フィッツジェラルドとの比較の中で 」、「『まぬけのウィルソン』とその時代:1853年選挙」の風景」、他多数。

 

日時:12月9日(金)午後2時45分〜4時15分

場所:京都大学大学院人間・環境学研究科棟 地下講義室B23 A(吉田南キャンパス)

入場無料

 

【問い合わせ先】詳細はここをクリックしてください。ポスターと連絡先をご覧いただけます。

京都大学大学院人間・環境学研究科  水野尚之



その他
2016/10/27 Mark Seltzer教授(University of California at Los Angeles) 講演会のご案内  

このほど下記のような講演会を企画しました。ご聴講いただければ幸いです。

 

                           水野尚之

 

Mark Seltzer教授(University of California at Los Angeles)      講演会

      

題目:The Art of the Novel in the Epoch of Social Systems

 

日時:11月4日(金)午後2時45分〜4時15分

場所:京都大学人間・環境学研究科棟 地下B23A (吉田南キャンパス)

入場無料


連絡先等はここからご確認ください。


その他
2016/10/14

中・四国アメリカ学会

第44回年次大会プログラム

2016年11月26日(土)広島大学東千田キャンパス

 

理事会(11:30〜12:30):ミーティングルーム3-1  司会 中野博文(北九州市立大学)

 

受付開始(12:00〜): M303講義室

開会の辞(12:45〜)               中野博文(北九州市立大学)   

 

研究発表(12:50〜14:50)       

・舞台上の革命――Hamiltonの歴史表象とその詩学(12:50〜13:30)

発表者:森 瑞樹(広島経済大学)、司会:上田 みどり(広島経済大学)

 

・2016年アメリカ大統領選挙におけるイスラエル・ファクター(13:30〜14:10)

発表者:船津 靖(広島修道大学)、司会:塩田 弘(広島修道大学)

 

・愛を請う人―――The Passages of H.M.におけるHerman Melville像(14:10〜14:50)

発表者:橋 愛(徳山工業高等専門学校、司会:辻 祥子(松山大学)

 

コーヒー・ブレイク(14:50〜15:00)

 

シンポジウム(15:00〜17:00)

 

反権威主義とアメリカ―民主主義、腐敗、反体制

モデレーター  横山 良(徳島大学名誉教授)

 

・アメリカ建国期における共和政の危機と言論・出版の自由

                      肥後本 芳男(同志社大学)

 

・「ドアの反乱」にみるアメリカの反権威主義――人民主権論の検討を中心に

                     小原 豊志(東北大学)                                         

 

・ Exposing Corruption and Resisting Authority: Climate Change and the Fiction of Chang-rae Lee and Paolo Bacigalupi

                     Michael Gorman(広島市立大学)

 

総会(17:00〜17:15)               司会 中野博文(北九州市立大学)

閉会の辞(17:15〜17:20)             副会長 肥後本芳男(同志社大学)

懇親会(18:00〜20:00):ホテル メルパルク広島(〒730-0011広島県広島市中区基町6-36)

 

プログラム、発表要旨はここからダウンロードして下さい。

 

*なお、中・四国アメリカ学会第44回年次大会は、財団法人アメリカ研究振興会の助成を受けて開催しております。


その他
2016/09/22
日本マーク・トウェイン協会 第20回全国大会

場所:立教大学池袋キャンパス太刀川記念館「多目的ホール」(3階)
https://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/
共催:立教大学文学部

内容:
・総会(13:00-13:30)

・研究発表(13:45-14:55)
(1)司会:大串尚代(慶應義塾大学)
一瀬真平(北海道大学・院)「マーク・トウェインと『大いなる遺産』――逃亡奴隷を巡って」
(2)司会:江頭理江氏(福岡教育大学)
石原剛 (早稲田大学)「アメリカ中高教科書におけるマーク・トウェイン――1930年代から40年代を中心に」

・シンポジウム(15:10-17:30)
「トウェインと女たち」
司会・講師:辻本庸子(神戸市外国語大学名誉教授)
講師:生駒久美(大東文化大学)
講師:越智博美(一橋大学)
講師:メアリー・ナイトン(青山学院大学)

・懇親会(18:00-20:00):立教大学池袋キャンパス第一食堂「藤だな」(2階)

どなたでも「事前申込なし/無料」でご参加いただけます。多くの方のご来聴をお待ちいたしております。

その他
2016/09/14 「小説家と翻訳家の朗読会ー小川洋子・柴田元幸」のご案内  

「小説家と翻訳家の朗読会ー小川洋子・柴田元幸」のご案内

 

日時:2016年10月8日(土曜)14時00分〜16時00分

場所:神戸市外国語大学 第2学舎504教室

キャンパスマップ

対象:本学学生(※本学学生は申込不要)

    一般の方(※70名:応募多数の場合は抽選)

参加費:無料

 

講演内容:

本学創立70周年記念行事として、芥川賞作家 小川洋子氏と、本学客員教授でありアメリカ現代作家の作品を中心に翻訳をされ翻訳賞を多数受賞されている柴田元幸氏をお招きして朗読会を開催いたします。会では、それぞれの作品の朗読と作品の解説のほか、創作や翻訳についての思いなどもお話いただきます。小説家と翻訳家のコラボレーションによる朗読会は、これまでにない組み合わせであり、コミュニケーションツールとしての言葉(言語)にとどまらない、ことばの力を是非感じてください。

 

http://www.kobe-cufs.ac.jp/about/contribution/lectures/seminar/roudokukai.html


ポスター添付しています
<  1  2  3  >