1. 山口ヨシ子『ワーキングガールのアメリカ 大衆恋愛小説の文化学』彩流社, 2015.10.31, 四六版188頁, ¥1,800

山口ヨシ子『ワーキングガールのアメリカ 大衆恋愛小説の文化学』彩流社, 2015.10.31, 四六版188頁, ¥1,800

概要

 なぜ、彼女たちハ「ダイムノヴェル」を読んだのか――

 19世紀後半のアメリカ。長時間の単純労働に従事していた貧しい「ワーキングガール」たちにとって、「ロマンス」は特別なものだった――

 ヒロインが「幸せな結婚」をする「大衆恋愛小説(ロマンス)」を愛読した女性労働者たちの意識を探り、「ワーキングガール」の歴史的・社会的・文化的背景を明らかにする。「ダイムノヴェル」から見えてくる「大衆と読書」の関係。



目次

まえがき

第一章:ワーキングガールの物語

第二章:ワーキングガールの物語の原型を求めて

第三章:世界をめぐるロマンス

第四章:ワーキングガール(働く女性)からワーキングガール(売春婦)へ

第五章:読者としてのワーキングガール

第六章:ワーキングガールの物語のパロディとしての『シスター・キャリー

あとがき

図版出典一覧

参考文献