1. 巽 孝之(編著)新島 進、カール・タロー・グリーンフェルド、ラリイ・マキャフリイ、ピーター・シュウェンジャー、浅倉久志、白石 朗、ひろき真冬(著)『現代作家ガイド3 ウィリアム・ギブスン』(増補・改訂)彩流社,2015.5.15, 四六判240+xii頁, \ 2,500

巽 孝之(編著)新島 進、カール・タロー・グリーンフェルド、ラリイ・マキャフリイ、ピーター・シュウェンジャー、浅倉久志、白石 朗、ひろき真冬(著)『現代作家ガイド3 ウィリアム・ギブスン』(増補・改訂)彩流社,2015.5.15, 四六判240+xii頁, \ 2,500

内容紹介

お待たせしました!
サイバーパンクの導師(グル)の“教本”、増補改訂で再登場!!

『ニューロマンサー』で電脳空間を疾走し、さまざまな作家に多大な影響を
及ぼしたウィリアム・ギブスン。
最新作The Peripheral(2014)で健在ぶりを見せつけた彼の現在地とは?

〈電脳空間〉三部作、〈橋〉三部作、そして2000年以降の〈ビゲンド〉三部作をも
概観する、巽孝之による新たな考察を加え、ギブスン作品の理解に必須ともいえる
キーワード事典、作品ガイドも内容を更新し、増補・改訂しています!