1. 相本資子『ドメスティック・イデオロギーへの挑戦 ― 十九世紀アメリカ女性作家を再読する』英宝社,2015.4.20, 四六判ix+307頁, \ 2,800

相本資子『ドメスティック・イデオロギーへの挑戦 ― 十九世紀アメリカ女性作家を再読する』英宝社,2015.4.20, 四六判ix+307頁, \ 2,800

内容紹介

女性は家庭に留まるべきか?この問題に正面から向き合ったビーチャー姉妹、オルコット、ジューイット、フェルプス、フリーマン、デイヴィス。巧妙な戦略を駆使して、さまざまなジャンルの作品を生み出した南北戦争後の白人女性作家たちの世界を読み解く。


目次

ドメスティック・スペースの女性たち(拡大された家庭(キャサリン・ビーチャーのアドバイスブック―『ドメスティック・エコノミー論』をめぐって
拡大された家庭―ストウの『オールド・タウンの人々』をめぐって
ドメスティシティ再考―フェルプスの『かすかに開かれた扉』とオルコットの『若草物語』をめぐって)
リージョナリズム再考(アメリカン・リージョナリズム再考―ストウの『オア島の真珠』をめぐって
地方主義文学者としてのフリーマン―『ペンブローク』をめぐって
セアラ・オーン・ジューイットの再評価―『尖った樅の木の国』をめぐって))
パブリック・スペースの女性たち(女性と労働(女性労働者―ロウェルの女工たち
「仲介者」としての女性労働者―オルコットの『仕事』をめぐって
女性労働者と「家庭の境界線」―デイヴィスの『マーグリット・ハウス』とフリーマンの『労苦の報い』をめぐって)
女性医師物語(階級制への挑戦―フェルプスの『ドクター・ゼイ』をめぐって
女性医師の反乱―ジューイットの『いなか医師』をめぐって))