1. マーク・トウェイン(著) 里内克巳(訳)『それはどっちだったか』彩流社,2015.3.31, 四六判477頁, \ 4,000

マーク・トウェイン(著) 里内克巳(訳)『それはどっちだったか』彩流社,2015.3.31, 四六判477頁, \ 4,000

内容紹介

グロテスクで残酷な笑いと悪夢の物語──
マーク・トウェイン晩年の幻の「傑作」、本邦初訳!

南北戦争前のアメリカ南部の田舎町インディアンタウン。
〈嘘〉をつくことによって果てしなく堕ちていく町の名士。

恐怖と笑いが入り混じる独特の筆致で浮かび上がる、
トウェインの鋭い人間観察と、同時代アメリカへの批判的精神。

晩年期の1899〜1906年にかけて長く断続的に書き継がれた
未発表作品『それはどっちだったか』。
19世紀の人種問題を背景の一部にした暗く苦い物語は、
一般的な明るいイメージのトウェイン像を大きく裏切る異色の作品であるが、
盛期から晩年に至る作家の歩みを凝縮した「隠れた代表作」と言える。

トウェインが執筆にかけた年数と分量から、無視できない作品であるにも
かかわらず、国内外で長く黙殺されているトウェインの幻の「傑作」を、
丁寧な「解説」とともに紹介する。

原型となった短編「インディアンタウン」(1899)も収録(本邦初訳)!