1. 中・四国支部

中・四国支部

支部構成

住所 〒739-8522 東広島市鏡山1丁目2番3号
広島大学大学院 文学研究科 大地真介研究室
TEL 082-424-6685
e-mail shohchi@msn.com
郵便振替 01380-0-22492 中・四国アメリカ文学会
ホームページアドレス http://www.chushi-als.org/
入会・問い合わせ先 こちらの入会・問い合わせフォームをご記入ください


役員構成

支部長 新田 玲子(広島大)
副支部長 松島 欣哉(香川大)
幹事長 大地 真介(広島大)
幹  事
広瀬 佳司(ノートルダム清心女子大学) 山口 善成(高知県立大)
山野 敬士(別府大)  
支部運営委員
大野瀬 津子(九州工業大) 城戸 光世(広島大)
(兼ホームページ担当) 塩田  弘(広島修道大)
重迫 和美(比治山大) 中村 善雄(ノートルダム清心女子大)
福屋 利信(山口大) 渡部 知美(島根大)
会 計
栗原 武士(県立広島大) 本岡 亜沙子(広島経済大)
監 事
水野 敦子(山陽女子大) 三重野 佳子(別府大)
支部編集委員
山下 興作(高知大) 辻  祥子(松山大)
堤 千佳子(梅光学院大) 的場 いづみ(広島大)
本部代議員
新田 玲子 大地 真介 藤本 幸伸(山口大)
本部大会運営委員 前田 一平(鳴門教育大学)
本部編集委員(支部選出) 藤江 啓子(愛媛大)
評議員
伊藤 詔子(広島大名誉教授) 上田 みどり(広島経済大)
勝 健一郎(安田女子大) 加藤 好文(愛媛大)
上岡 克己(高知大) 田中 久男(福山大)
中山 慶治(松山東雲女子大名誉教授) 新田 玲子
藤本 幸伸 前川 裕治(広島女学院大)
前田 一平 松島 欣哉
吉岡 志津世(神戸女子大)  


支部便り

2013年

  • 『中・四国アメリカ文学研究』第49号発行(6月1日)

  • 『中・四国アメリカ文学会会報』第52号発行(6月1日)

  • 中・四国アメリカ文学会 平成25年度 第42回大会

    日時: 平成25年6月8日(土)・9日(日)

    場所: 松山大学文京キャンパス(本館6階大ホール)

        〒790-8578 松山市文京町4-2  電話089-925-7111

    第1日 6月8日(土)

    中・四国アメリカ文学会 平成25年度 評議委員会(12:00〜13:30)

    開 会 式 (13:50〜14:00)

    開会の辞  会 長   加藤 好文

    研 究 発 表 (14:00〜16:50)

    1.山内  玲(香川大学)

     「Their Eyes Were Watching Godの男性性表象に見るZora Neale Hurstonの人種意識」

     司会 前川 裕治(広島女学院大学)

    2.藤本 幸伸(山口大学)

     「『白鯨』の多国籍水夫たちは白人英語を話す!?―翻訳という文学研究の可能性―」

     司会 松島 欣哉(香川大学)

    3.中山 悟視(海上保安大学校)

     「不遇の作家キルゴア・トラウトを読み直す」

     司会 島  克也(島根大学(非))

    4.森  有礼(中京大学)

     「カラーブラインド・フォークナー?―性差と人種のパリンプセストとしての『アブサロム・アブサロム!』と『エルサレムよ、我もし汝を忘れなば』―」

     司会 重迫 和美(比治山大学)

    特別講演 (17:00〜18:00)

     講師:藤平 育子氏(中央大学)

     演題:反抗的人間の美学

     司会:大地 真介(広島大学)


    懇親会 (18:30〜20:30)

     会場:生協食堂「カルフール」

     司会:辻  祥子(松山大学)

     会費:4,000円


    第2日 6月9日(日)

    シンポジアム (9:30〜12:30)

     カウンターナラティヴから読むアメリカ文学

     司会 城戸 光世(広島大学)

    1.講師 辻 祥子(松山大学)

     「水兵と奴隷の物語―『ホワイト・ジャケット』に見られるカウンターナラティヴの限界―」

    2.講師 横田由理(大東文化大学)

     「土地の記憶を語る―アードリックのノース・ダコタ作品群―」

    3.講師 Michael Gorman(広島市立大学)

     “Countering Injustice in War and Terror: Julie Otsuka’s When the Emperor Was Divine”

    4.講師 松永京子(神戸市外国語大学)

     「科学と詩学が出会うところ―マリルー・アウィアクタと原子をめぐるナラティヴの挑戦―」


    総会(12:30〜13:00)

    議長     会長 加藤 好文

    閉会式 (13:00〜13:10)

    閉会の辞  副会長 新田 玲子

  • 「News Letter」 第92号発行(11月1日)

  • 冬季大会

    開催日 12月14日(土)

    会場 安田女子大学(8号館2階8202教室)

       〒731-0153 広島県広島市安佐南区安東6-13-1


    支部運営委員会(12:10〜13:30)

    研究発表(13:50〜16:40)

    1.坂本  愛(比治山大学(院))

     「Mark Twain の「人間機械論」に関する一考察―内なる君主の自己改革―」

     司会 本岡 亜沙子(広島経済大学)

    2.黒住  奏(広島大学(院))

     「N. Scott MomadayのHouse Made of Dawnにおける大地と部族アイデンティティの関係性―大地の力と癒しの儀式―」

     司会 松永 京子(神戸市外国語大学)

    3.後川 知美(宇部工業高等専門学校)

     「『使者たち』―ストレザーの奔放さが意味するもの―」

     司会 中井 誠一(島根大学)

    4.山口  修(大阪学院大学)

     「Gene Wolfe “The Island of Doctor Death and Other Stories”研究―永遠のイノセンスへの試み―」

     司会 島  克也(島根大学(非))


    懇親会 <メルパルク広島> 18:00開始


2014年

  • 支部編集委員会(論文審査)

    開催日 2月16日(日)

    会場 高知大学

    出席者 山下 興作、辻  祥子、堤 千佳子、的場 いづみ