1. 九州支部

九州支部

支部構成

住所 〒814-0180 福岡市城南区七隈8-19-1
福岡大学人文学部英語学科 光冨省吾研究室
TEL 092-871-6631 内線3506
FAX 092-864-2864
郵便振替 01740-5-3874
ホームページアドレス http://www.kyushu-als.org/
入会・問い合わせ先 入会・問い合わせはホームページをご確認ください


役員構成

会 長 小谷 耕二(九州大)
顧 問
橋口 保夫 野口 健司 野田  壽
安河内英光 山里 勝己(琉球大)  
事務局長 光冨 省吾(福岡大)
幹 事
<例会担当> 高野 泰志(九州大)
<例会担当> 江頭 理江(福岡教育大)
<大会担当> 高橋  勤(九州大)
<九州アメリカ文学賞担当> 大島由起子(福岡大)
<ニュースレター担当> 渡邊真理子(西九州大)
会 計 秋好 礼子(福岡大)
監 査 鈴木  繁(佐賀大)
編集委員長 前田 譲治(北九州市立大)
本部代議員
小谷 耕二 光冨 省吾
本部大会運営委員 竹内 勝徳(鹿児島大)
本部編集委員(支部選出) 早瀬 博範(佐賀大)
本部サイト運営委員 永尾  悟(熊本大)
編集委員
前田 譲治 乗口眞一郎
新村 昭雄 Scott Pugh(福岡女子大)
Denis Jonnes(北九州市立大) David Farnell(福岡大)
地区委員
前田 譲治 名本 達也(佐賀大)
山田健太郎 (長崎県立大) 永尾  悟
雲  和子(大分大) 井崎  浩(宮崎大)
竹内 勝徳 喜納 育江(琉球大)
支部サイト運営委員
永尾  悟 樋渡真理子(福岡大)


支部便り

2011年

  • 9月例会

    日時 9月10日(土) 14時

    九州大学(伊都キャンパス)比文言文棟321会議室

    (1) 生田 和也(九州大学・院)

    「Thoreauのdomesticity:Walden を中心に」

    司会:高橋  勤(九州大学)

    (2) 吉川美津子(北九州市立高等学校)

    「『ある婦人の肖像』における絵画的手法に関する一考察」

    司会:乗口眞一郎(北九州市立大学名誉教授)

    ワークショップ

    「“an artist in the city of Kouroo”と“the story of a strong and beautiful bug” について―Walden 最終章より―」

    司会:高橋  勤(九州大学)    講師:薬師寺元子(北九州市立大学・非)

  • 講演

    10月12日 18時

    アクロス福岡1階円形ホール

    講師:シドニー大学教授 ポール・ジャイルズ(Paul Giles)氏

    講演題目:Turning American Literature Inside Out: Transatlantic

    Seascapes and the Global Imaginary

  • 役員会

    12月10日  福岡大学文系センター棟第一会議室

    議題:日本アメリカ文学会機関誌掲載論文インターネット公開について

  • 12月例会

    12月10日  福岡大学文系センター棟第一会議室

    (1) Allan Bouarib(九州大学大学院比較社会文化学府博士後期課程3年)

    “Rinehart as Rhetorical Man: Identity and Reality in Ralph Ellison’s Invisible Man ”

    (2) 小野和人(九州大学名誉教授)

    「ソローのA Week 試論:川旅の水源の場における引用詩について」


2012年

  • 役員会

    3月10日13時

    福岡大学文系センター棟5階共同研究室

  • 九州アメリカ文学会第58回大会

    熊本大学黒髪北キャンパス

    5月12日(土)

    開会式 C-201 教室

    10:30-10:40 小谷 耕二(九州大学・九州アメリカ文学会会長)


    研究発表

    第一室     B-201 教室

    10:45-11:25 林 南乃加(九州大学大学院博士課程)

    Walden におけるドメスティックな空間―simplicityからmicrocosmへ―

    司会 乗口眞一郎 (北九州大学名誉教授)


    11:25-12:05 斎藤 彩世(九州大学大学院博士課程)

    欲望する Isabel ―The Portrait of a Lady のヒロイン考

    司会 乗口眞一郎


    第二室     B-202 教室

    10:45-11:25 日下 幸織(九州大学大学院修士課程)

    敗北の美学と語り―Fitzgerald長編における語り手と作家たち―

    司会 早瀬 博範 (佐賀大学)


    11:25-12:05 小谷 耕二  (九州大学教授)

    アレン・テイト『父たち』と南部の文化的自画像

    司会 早瀬 博範


    総 会

    13:30-14:50     C-201教室

    シンポジウム   15:00-17:30   C-201教室

    「ヘミングウェイと老い」

    司会・講師

    講師

    講師

    講師 光冨 省吾(福岡大学教授)

    高野 泰志(九州大学准教授)

    千葉 義也(鹿児島大学名誉教授)

    今村 楯夫(東京女子大学特任教授)


    5月13日(日)

    第一室   B-201 教室

    10:00-10:40 中嶋 寿子(熊本学園大学大学院博士課程)

    The Scarlet Letter におけるDimmesdaleのカタルシス

    司会 高島 まり子(鹿児島女子短期大学)


    10:40-11:20 高橋  勤(九州大学教授)

    殉教のレトリック――ジョン・ブラウンとコンコードの文人たち

    司会 小野 和人(九州大学名誉教授)


    第二室    B-202 教室

    10:00-10:40 矢ケ部あかり(熊本県立大学大学院修士課程)

    Smoke Signals におけるサバイバル装置

    司会 渡邊真理子(西九州大学)


    10:40-11:20 永川とも子(九州大学大学院博士課程)

    封印された「ナガサキ・ルポ」、First into Nagasaki 解読――最初のアメリカ人ジャーナリストはナガサキ原爆言説をいかに形作ろうとしたのか――

    司会 渡邊 真理子


    特別講演

    11:30-12:30  C-201 教室

    林 以知郎氏(日本アメリカ文学会副会長、同志社大学教授)

    「スパイと海賊―フェニモア・クーパーは苦手だとおっしゃる方のために」

                        司会 小谷 耕二


    閉会式    12:30-12:40   C--201 教室

    小谷 耕二

  • 「大西洋交易の変容とアメリカン・ルネッサンス」ワークショップ

    平成24年5月20日(日)15時

    福岡大学文系センター棟国際会議室題目:Recontextualizing the Hawthornes: What European Experiences Taught Them in the Age of Transatlantic Cultural Exchanges

    司会 竹内勝徳、コーディネーター/パネリスト 城戸光世

    パネリスト 生田和也、ゲスト・スピーカー Megan Marshall