1. 北海道支部

北海道支部

支部構成

住所 〒062−8605 札幌市豊平区旭町4−14
北海学園大学人文学部 本城研究室
TEL 011-841-1161(ex.2364)
郵便振替 02770-0-18218
ホームページアドレス http://hokkaidoals.web.fc2.com/Welcome.html
入会・問い合わせ先 入会・問い合わせはホームページをご確認ください
(編集室) 〒060−0810 札幌市北区北10条西7丁目北海道大学文学部 瀬名波研究室
(会計) 〒061−0293 石狩郡当別町金沢1757 北海道医療大学看護福祉学部 鎌田研究室


役員構成

支 部 長 伊藤 義生(藤女子大)
幹  事
高橋 克依(北星学園大) 松田 寿一(武蔵女子短大)
支部編集委員
瀬名波栄潤(北海道大学) 岡崎  清(札幌学院大学)
本荘 忠大 (旭川工業高等専門学校) 羽村 貴史(小樽商科大学)
松井 美穂(札幌市立大学)  
事務局 本城 誠二(北海学園大)
会計 鎌田 禎子(北海道医療大)
編集室 瀬名波栄潤
会計監査
松井 美穂 小古間甚一(名寄市立大)


役員構成

代議員
伊藤 義生 伊藤  章(北星学園大)
編集委員(支部選出) 本城 誠二
編集委員(代議員会選出) 伊藤  章
大会運営委員 加藤 隆治(北海道薬科大)


支部便り

2006年

  • 7月4日(土) 第116回研究談話会(於:藤女子大学)

    題目:『響きと怒り』におけるフォークナーの逃避と批判

    発表者:阿部 与子(北海道大学大学院)

    司会:本荘 忠大(旭川工業高等専門学校)

  • 9月2日(土) 第117回研究談話会(於:藤女子大学)

    第1発表

    題目:飛躍する生とアイデンティティ――”Red Leaves”にみる「アメリカ」

    発表者:井出達郎(北海道大学大学院)

    司会:片山  厚


    第2発表

    題目:海と森と大平原と―― Obasan にみる原型的想像力

    発表者:伊藤  章(北海道大学)

    司会:松田 寿一(武蔵女子短期大学)

  • 12月2日(土) 第16回アメリカ文学会北海道支部大会(於:藤女子大学)

  • 第1部 特別講演

    演題:アメリカニズム再訪

    講師:古矢  旬(北海道大学)

    司会:伊藤  章(北海道大学)

    第2部 シンポジウム

    テーマ:America in Search of America

    司会:上西 哲雄(北星学園大学)

    講師と題目:

    新関 芳生(関西学院大学)「アメリカ」の寓話としての「首なし騎士」――"Sleepy Hollow"におけるbody politic

    久保 拓也(金沢大学)「異形の双生児」――アメリカを見るMark Twain

    本荘 忠大(旭川工業高等専門学校)”Wine of Wyoming”における「白い他者」が映し出す白人性

    藤井  光(北海道大学・大学院)未知なる地図に仕える者たち――現代小説におけるアメリカ的時空間

    コメンテーター:古矢  旬


    *終了後、懇親会


2007年

  • 1月27日(土) 第118回研究談話会(於:藤女子大学)

    題目:Neil Youngが描く Greendale という物語

    発表者:加藤 隆治(北海道薬科大学)

    司会:本城 誠二(北海学園大学)

  • 3月24日(土) 第119回研究談話会(第5回若手研究者のためのワークショップ)

    (於:藤女子大学)

    テーマ:身体性から場所へ、場所から身体性へ――アメリカ現代詩を読む――

    コーディネーター:野坂 政司(北海道大学)

    レポーター:藤井  光(北海道大学大学院)、赤間 壮太(北海道大学大学院入学予定)、上村 朋也(北海道大学大学院入学予定)

    テキスト:Raymond Carver, “Locking Yourself Out ,Then Trying To Get Back in”; Gary Snyder,“Song of the Taste” ; Denis Johnson, “California”

  • 4月28日(土) 第120回研究談話会および総会(於:藤女子大学)

    題目:V.S.ナイポールの作品に見るカリブ諸国とアメリカ

    発表者:西 真木子(札幌学院大学)

    司会:沢辺 裕子(武蔵女子短期大学)

  • 4月30日 『北海道アメリカ文学』第23号発行

    【論文】

    本荘 忠大、“Wine of Wyoming” における「白い他者」が映し出す白人性

    藤井  光、斬首からの風景――現代アメリカ小説における地図作成者たち

    Tatsuhiko Nakano, A Communal Effort: Joyce Carol Oates’s “Where Are You Going, Where Have You Been?”


    【書評】

    新関 芳生 著「国際外科学博物館――南北戦争の野戦病院の経験から」『北米の小さな博物館――「知」

    の世界遺産』所収 ――伊藤  章

    寺山佳代子 著「ハーレム・ルネッサンス」(他11項目)『アフリカ系アメリカ人ハンディ事典』所収―― 瀬名波栄潤

    新関 芳生 著「乾いた傷と濡れた傷――スティグマから読む『日はまた昇る』――」

    上西 哲雄 著「国籍離脱者と残留者のきずな――へミングウェイとフィッツジェラルドを結ぶもの――」

    『アーネスト・へミングウェイの文学』所収――本城誠二

    上西 哲雄 著「F・S・フィッツジェラルドの読み方―― 一九五〇年代論としての『キャッチャー』」

    『シリーズ もっと知りたい名作の世界 ライ麦畑でつかまえて』所収――岡崎  清

    Yorifumi Yaguchi, The Poetry of Yorifumi Yaguchi ― A Japanese Voice in English ――松田 寿 一