1. 東京支部

東京支部

支部構成

住所 〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1
東京学芸大学英米文学文化研究室内
TEL/FAX 042-329-7272
ホームページアドレス http://www.tokyo-als.org
入会・問い合わせ先 入会・問い合わせはホームページをご確認ください


役員構成

支 部 長 巽  孝之(慶應義塾大)
副支部長 後藤 和彦(立教大)
幹事
阿部 公彦(東京大) 石原  剛(早稲田大) 大串 尚代(慶應義塾大)
戸谷 陽子(お茶の水女子大)    
評議員
麻生 享志(早稲田大) 阿部 公彦 石原  剛
井上 謙治 大串 尚代 大橋健三郎
大和田俊之(慶応義塾大) 折島 正司(青山学院大) 國重 純二(鶴見大)
後藤 和彦 小林富久子(早稲田大) 佐々木真理(実践女子大)
志村 正雄 下河辺美知子(成蹊大) 杉浦 銀策
諏訪部浩一(東京学芸大) 舌津 智之(立教大) 竹村 和子(お茶の水女子大)
巽  孝之 常山菜穂子(慶応義塾大) 戸谷 陽子
中谷  崇(横浜市立大) 難波 雅紀(実践女子大) 新田 啓子(立教大)
林  文代(東京大) 平石 貴樹(東京大) 藤平 育子(中央大)
宮川  雅(法政大) 八木 敏雄 山口 和彦(東京学芸大)
若林麻希子(東京学芸大) 鷲津 浩子(筑波大) 渡辺 信二(立教大)
支部運営委員
相原 直美(千葉工業大) 阿部 公彦 石岡 良治(大妻女子大・非)
石原  剛 江田 孝臣(早稲田大) 大串 尚代
大和田俊之 畔柳 和代(東京医科歯科大) 小泉由美子(茨城大)
佐久間みかよ(和洋女子大) 佐々木真理 佐藤 光重(関東学院大)
諏訪部浩一 都甲 幸治(早稲田大) 戸谷 陽子
新田 啓子 山口 和彦 若林麻希子
監事 山本  晶
支部会報編集委員
江田 孝臣 後藤 和彦 高尾 直知(中央大)
巽  孝之 常山菜穂子  
事務局幹事
諏訪部浩 一 山口 和彦 若林麻希子
書記
石岡 良治 都甲 幸治  
代議員
阿部 公彦 折島 正司 後藤 和彦
竹村 和子 巽  孝之 藤平 育子
大会運営委員
麻生 享志 中谷  崇 宮脇 俊文(成蹊大)
編集室幹事
大和田俊之 佐々木真理 新田 啓子
支部選出編集委員 竹村 和子
会計監査 田中 啓史(青山学院大)
全国ホームページ委員 大串 尚代
支部ホームページ委員
大串 尚代 都甲 幸治  


支部便り

2006年

  • 6月例会 2006年6月24日(土)午後2時より

    場所:慶應義塾大学三田キャンパス第一校舎111教室

    シンポジウム:アメリカン・ゴシック

    司会/折島 正司(青山学院大学)

    講師/八木 敏雄(成城大学/名)

    風間 賢二(評論家・翻訳家)

    若林麻希子(東京学芸大学)

    分科会

    近代散文:Adventures of Huckleberry Finn における男同士の感傷

    生駒 久美(首都大学東京/非)

    現代散文:The Haunting of the Daemon Lover―― "The Daemon Lover" における呪われた空間

    中川 千帆(上智大学/非)

    詩:T. S. Eliot “Sweeney Agonistes”におけるminstrelsy

    岩川 倫子(上智大学/院)

    演劇:<ストレート・フォトグラフィ>の陥穽――アルフレッド・スティーグリッツの写真観を巡って

    日高  優(群馬県立女子大学)

    ★分科会終了後、支部運営委員会を開催。

  • 9月例会 2006年9月30日(土)午後1時30分より

    場所:慶應義塾大学三田キャンパス研究室棟AB会議室

    研究発表:イギリスに渡ったワシントン・アーヴィング―― その文学的源泉を求めて

    齊藤  昇(立正大学)司会:若林麻希子(東京学芸大学)

    分科会

    近代散文:アメリカ人よりアメリカ的に――Maria Amparo Ruiz de Burtonの「人種間」ロマンス

    五島 一美(早稲田大学/院)

    現代散文:『エデンの園』における時間の操作と「アフリカ」という記憶―― トム・ジェンクス編纂の問題点

    杉本 香織(早稲田大学)

    詩:ワークショップ――Dickinson の “My Life had stood - a Loaded Gun - ” (Fr764 /J754) を読む

    演劇:1940年代アメリカの喜劇に登場する怪物たち

    黒田絵美子(中央大学)

    ★分科会終了後、支部運営委員会を開催。

  • 11月例会 2006年11月18日(土)午後1時30分より

    場所:慶應義塾大学三田キャンパス第一校舎107教室

    研究発表:Swinks and Snopes: The Germ of the "Global Provincial" in Twain and Faulkner

    メアリー・ナイトン(東京大学)司会:林  文代(東京大学)

    分科会

    近代散文:感受性と感染―― Godwinian小説として読むブラウンの『エドガー・ハントリー』

    小川 公代(上智大学)

    現代散文:“A Boat against the Current”―― F・スコット・フィツジェラルドのニューヨーク

    渡邊 有希(東京大学/院)

    詩:『エズラ・パウンド長詩集成』の動線―― 「翻訳の詩学」の翻訳をめぐって

    城戸 朱理(詩人) 遠藤 朋之(獨協大学/非)

    演劇:The Artists of the Beautiful: Charles Willson Peale の「博物館」の背景と演出を中心に

    楢崎  寛(大妻女子大学)

    ★分科会終了後、支部運営委員会を開催。

  • 12月例会 2006年12月9日(土)午後1時30分より

    場所:慶應義塾大学三田キャンパス研究室棟AB会議室

    シンポジウム:エミリー・ディキンスンを読む―― 2007年度国際大会開催を前に

    司会/大西 直樹(国際基督教大学)

    講師/東 雄一郎(駒澤大学)

    小泉由美子(茨城大学)

    朝比奈 緑(慶應義塾大学)

    ★シンポジウム終了後、恒例の忘年会を開催。


2007年

  • 1月例会 2007年1月27日(土)午後1時30分より

    場所:慶應義塾大学三田キャンパス研究室棟AB会議室

    研究発表:Harriet Beecher Stowe の政治的感化力と人種問題―― Uncle Tom’s Cabin を中心に

    野口 啓子(津田塾大学)司会:小林富久子(早稲田大学)

    分科会

    近代散文:読書する女――Alice Jamesの日記における「読む」ことの意義

    冨田 佳子(慶應義塾大学/院)

    現代散文:『八月の光』におけるゲイル・ハイタワーとアメリカ南部の宗教的伝統

    西川 和宏(早稲田大学/院)

    詩:“Monuments to every moment”―― エリザベス・ビショップの「時間」の問題

    鷲尾  郁(文教大学/非)

    演劇:戦場の性/政治学―― 『フルメタル・ジャケット』、『羊たちの沈黙』を見る

    塚田 幸光(防衛大学校)

    ★分科会終了後、支部運営委員会を開催。

  • 3月例会 2007年3月24日(土)午後1時30分より

    場所:慶應義塾大学三田キャンパス研究室棟AB会議室

    研究発表:キャノンの南部化―― モダニズムと南部農本主義

    越智 博美(一橋大学)司会:本合  陽(東京女子大学)

    分科会

    近代散文:<フェア・マン>に投影されたホーソーンのアメリカ―― 『大理石の牧神』ドナテロの移動と空間を中心に

    内堀奈保子(お茶の水女子大学/院)

    現代散文:The Middle-Passage Narrative on Page and on Screen

    Raphael Lambert(筑波大学)

    詩:Hawthorne’s Influence on Robert Lowell: A False Dream

    小林 愛明(青山学院大学/院)

    演劇:母と娘を繋ぐ “Bond”―― Lillian Hellman の The Little Foxes に於ける money の意味          

    相原 直美(千葉工業大学)

    ★分科会終了後、支部運営委員会を開催。

  • 4月例会 2007年4月14日(土)午後2時より

    場所:慶應義塾大学三田キャンパス 研究棟AB会議室

    特別講演:“ハードボイルド”の文献学

    講師:小鷹 信光(作家・翻訳家・評論家)

    司会:(慶應義塾大学)

    ★特別講演終了後、支部総会および支部運営委員会を開催。

  • 5月例会 2007年5月26日(土)1時30分より

    場所: 慶應義塾大学三田キャンパス 第1校舎2階124番教室

    研究発表: リアリズムの作家が描く「歩く女性」――世紀転換期の と旅

    講師・松川 祐子(成城大学)司会・石原  剛(早稲田大学)

    分科会

    近代散文:「色」と「血」の政治学--遺伝子なき「遺伝言説」と An Imperative Duty

    福井 崇史(中央学院大学/非)

    現代散文:ポール・オースター『シティ・オブ・グラス』における偶然性の問題

    佐藤 直子(青山学院大学/院)

    詩:目で聞く音楽、耳で読む言葉―― Louis Zukofskyのoxymoron的詩学

    宮本  文(東京大学)         

    演劇:チェイス・カートゥーンの身体表象――Tex Averyにおけるアニメーションという媒体

    石岡 良治(大妻女子大学/非)

    ★分科会終了後、支部運営委員会を開催。