1. 九州支部

九州支部

支部構成

住所 〒810-8560 福岡市中央区六本松4-2-1
九州大学大学院言語文化研究院内
TEL 092-726-4681
FAX 092-726-4681/4689
郵便振替 01740-5-3874
ホームページアドレス http://www.kyushu-als.org/
入会・問い合わせ先 入会・問い合わせはホームページをご確認ください


役員構成

会 長 安河内英光(西南学院大)
顧 問
橋口 保夫 野口 健司 野田 壽
田中 啓介    
事務局長 小谷 耕二(九州大)
幹 事
大島由起子(福岡大) 早瀬 博範(佐賀大) 光冨 省吾(福岡大)
藤野 功一(西南学院大) 酒井三千穂(西南学院大)  
会計(兼事務局長補佐) 高橋 勤(九州大)
監 査 西村 正己(福岡大)
編集委員長 里見 繁美(熊本大)
本部代議員
安河内英光 小谷 耕二
本部大会運営委員 吉崎 邦子(福岡女子大)
本部編集委員(支部選出) 馬塲 弘利(福岡女子大)
本部サイト運営委員 高田 修平(九州東海大)
編集委員
池田 志郎(熊本大) 高田 修平 角田 俊治(熊本大)
田口 誠一(尚絅大) Scott Pugh(福岡女子大) Denis Jonnes(北九州市立大)
Greg Bevan(福岡大) Frank Osterhaus(西南学院大)  
地区委員
乘口 眞一郎(北九州市立大) 鈴木  繁(佐賀大) 山田健太郎 (県立長崎シーボルト大)
永尾  悟(崇城大) 雲  和子(大分大) 岡林  稔(宮崎大)
千葉 義也(鹿児島大) 平良 征史(琉球大)  
支部サイト運営委員
高田 修平 藤野 功一 名本 達也(佐賀大)


支部便り

2004年

  • ノエル・ポーク教授講演会 6月26日(土) 九州大学

    懇親会 高司

  • KALS NEWSLETTER 29号発行 7月16日(金)

  • 第1回例会 9月4日(土) 北九州市立大学

    1.吉川美津子(北九州市立大学・院)

    「『鳩の翼』における登場人物の変容」

    司会:乘口 眞一郎(北九州市立大)

    2.砂川典子(北九州市立大学・非常勤)

    「アメリカ的文化と野蛮――ヘンリー・ジェイムズ『黄金の盃』を読む」

    司会:吉成類子(九州工業大学・非常勤)

    3.本岡亜沙子(佐賀大学・院)

    「アメリカ文学における子どもの変遷:19世紀を中心に」

    司会:田部井孝次(西南学院大学)

  • 第57回日本英文学会九州支部大会

    10月23日(土) 九州大学

    アメリカ文学部門シンポジウム 「1980年代のアメリカ小説」

    司会:馬塲弘利 (福岡女子大学)

    講師:徳永紀美子 (熊本県立大学)

     「ニュー・リアリズムの小説」

    講師:井崎 浩(宮崎大学)

     「ニュー・ポストモダン・フィクション」

    講師:山下 勉(九州産業大学)

     「ブランク・ジェネレーションの小説」

    講師:江頭理江(福岡教育大学)

     「マイノリティの小説」

  • ホームページ開設準備拡大サイト運営委員会 10月23日(土) 九州大学

  • 『九州アメリカ文学』第45号発行 11月25日(木)

  • 第2回例会 12月4日(土) 九州大学

    1.光冨省吾(福岡大学)

    「ヘミングウェイの「ワイオミングのワイン」における民族・宗教・階級問題」

    司会:早瀬博範(佐賀大学)

    2.大野瀬津子(九州工業大学)

    「考古学とノスタルジア―発掘物語としての「火と暖炉」」

    司会:早瀬博範(佐賀大学)

  • 忘年会 12月4日(土) 高司

  • KALS NEWSLETTER 30号発行 12月上旬


2005年

  • 九州アメリカ文学賞選考委員会・役員会 3月12日(土) 九州大学

  • 日本アメリカ文学会全国大会研究発表応募者選考会 4月9日(土) 九州大学

  • 九州アメリカ文学会第51回大会

    【第1日】 5月7日(土) 九州大学

     ○研究発表

     午前の部

     第1室

    1.山村栄子(北九州市立大学修士課程修了)

    「「魔女の集会」と “Young Goodman Brown” の考察」

    司会:池田志郎(熊本大学)

    2.村田希巳子(北九州市立大学・非常勤)

    「ホーソーンと「月光」」

    司会:池田志郎(熊本大学)

    第2室

    1.薬師寺元子(北九州市立大学・非常勤)

    「Thoreauのレジスタンスにおける進展」

    司会:高橋勤(九州大学)

    2.中村嘉雄(九州大学)

    「HemingwayとHumanism」

    司会:光冨省吾(福岡大学)

    3.本岡亜沙子 (広島大学大学院博士課程)

    「変容する子ども像―PuritanismからNaturalismにおいて」

    司会:樋渡真理子(福岡大学)

    4.C.S.Schreiner (グアム大)

    “Twenty-Five Years After: Criticism in the Wilderness”

    司会 Frank Osterhaus(西南学院大学)

    ○総会

    ○研究発表

    午後の部

    第1室

    1.青井 格(近畿大学産業理工学部)

    司会:乘口 眞一郎(北九州市立大)

    2.向井久美子(熊本学園大学)

    “Miriam’s Sketch: The Art of Incompletion by the 'Ideal’ Artist”

    司会:大杉博昭(九州保健福祉大学)

    3.上田見二(別府大学)

    「Clarel を読み直す―作家のcommunicationとmeditationのはざまで」

    司会:竹内勝徳(鹿児島大学) 第2室

    1.Andy James(筑紫女学園短期大学)

    “Bernard Malamud’s Derailed Heroes”

    司会:前田譲治(北九州市立大学)

    2.池田肇子 (福岡女学院大学)

    「知識人の役割―ソール・ベローの作家論」

    司会:野口健司(九州大学名誉教授)

    3.渡久山幸功(名桜大学)

    「行間を解釈する―「エミリーにバラを」をポストコロニアル理論から読む」

    司会:吉崎邦子(福岡女子大学)

    第3室

    1.高田修平(九州東海大学)

    「二つのPostmodern Historic Novelを通して見たPostmodern Historiographyの諸相」

    司会:馬塲弘利(福岡女子大学)

    2.Brian Quinn(九州大学)

    “Nabokov’s Celebration of Childhood Memory in ‘First Love’ “

    司会:Scott Pugh(福岡女子大学)

    3. 藤原万巳 (熊本大学・非常勤)

    「ラフカディオ・ハーンにおける群れの様態について」

    司会 里見繁美(熊本大学)

    ○特別講演:牧野有通氏 (明治大学)

    「「鎖国」としてのタイピー―メルヴィルの多文化的視野」

    司会:安河内 英光

    ○懇親会 福岡大学セミナーハウス

    【第2日】 5月8日(日) 九州大学

    ○九州アメリカ文学賞授賞式

    ○シンポジウム

    「ネイティヴ・アメリカンとアメリカ文学」

    司会・講師:大島由起子(福岡大学)

    「『白鯨』の場合―大渦の底に羽飾り」

    講師:横田和憲(金城学院大学)

    「<り・れ・ら>の曼荼羅模様―多彩な俘囚物語」

    講師:吉田禎子(北九州市立大学・非常勤)

    「Gardens in the Dunes に見る英雄譚」

    講師:喜納育江(琉球大学)

    「『神よりはるか遠くにて』におけるチカーナ・アイデンティティとアメリカ南西部の表象」