1. 各支部からのお知らせ
 

各支部からのお知らせ


北海道支部
2012/04/24

第159回研究談話会を下記の要領にて開催いたします。どうぞお誘いあわせの上、多数お集まり下さいます様ご案内申し上げます。なお今回は北海道大学英文学会との共催です。

 

◆日時:4月28日(土)午後4時 〜 5時30分

◆場所:北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟 W409

札幌市北区北10条西7丁目 正門より徒歩7分、総合博物館向かい

http://www.hucc.hokudai.ac.jp/~k15696/home/Map.doc

 

▼題 目: “Nakeder than Adam and Eve”: Theodicy, Empire, and “Systemless System” in the New Edition of the Autobiography of Mark Twain

▼発表者:Mr. Harold K. Bush, Jr., Saint Louis University

▼司 会:久保 拓也氏(金沢大学)


北海道支部
2012/03/27

第158回研究談話会を下記の要領にて開催いたします。また談話会終了後に総会を開催しますので、どうぞお誘いあわせの上、多数お集まり下さいます様ご案内申し上げます。

 

◆日時:3月31日(土)午後4時〜6時

◆場所:藤女子大学(札幌市北区北16条西2丁目)新館5階 558室

*交通案内:地下鉄南北線「北18条前」下車、徒歩5分

 

▼題 目:ネイティヴ・スピーカーは誰なのか――Chang-rae Lee, Native Speakerにおける英語イデオロギー

▼発表者:伊藤 章氏(北星学園大学)

▼司 会:皆川 治恵氏(北海道教育大学札幌校)

▼趣旨:

韓国系アメリカ人、Chang-rae Leeの処女作、Native Speaker (1995) は出版されるや評判になり、ヘミングウェイ協会賞など多数の賞を授与された。じつに多様な解釈が可能なテキストであるが、ここでは移民と言語の関係に焦点をあてたい。家庭で韓国語を使っていた語り手は、いかにして英語をマスターしていったのか。韓国語から英語への移行はどのようなものであったのか。英語を学ぶということはどういうことなのか。アジア系でも、ネイティヴ・スピーカーになれるのか。英語が流暢でなければ、アメリカ市民として正式に認知されないのか。そもそもネイティヴ・スピーカーとは誰なのか。そういった問題を問いかけたテキストとして読み解くことにしよう。そこから、アメリカにおいて英語という言語に特別な意味と価値を付与する、英語イデオロギーというべきものが、多文化主義の現代においても移民を支配していることを明らかにしたい。


関西支部
2012/03/25

関西支部各位

 

全国大会研究発表の申し込み締切は3月31日(土)、

『関西アメリカ文学』への投稿締切は4月15日(日)となっています。

いずれも支部事務局へメールでお申し込み下さい。

詳しい投稿規定は支部HP、もしくは会誌48号をご参照下さい。

多数のご応募をお待ちしております。

 

また、住所、連絡先、所属等が変わりましたら、

支部事務局までお知らせいただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

 

関西支部事務局


東北支部
2012/03/22

日時:4月21日(土) 午後2時〜5時

場所:東北大学 片平キャンパス 片平さくらホール 2階 会議室

 

<2012年度 総会>   午後2時〜3時

  議題 1.開会の辞

     2.議長選出

     3.議事 (1)2011年度活動報告および会計報告

          (2)2012年度活動計画および予算案

          (3)役員改選

          (4)その他

     4.閉会の辞

 

<講演会>   午後3時15分〜5時

 「アメリカの飢え」とブラック・スピーク

    立命館大学客員教授  荒 このみ 先生

          司会 宮城学院女子大学(非)  

                  清水 菜穂

 

<懇親会>    午後5時30分〜7時30分

 「喜良久亭」 会費¥5,000(学生¥4,000)

     ※参加ご希望の方は、4月14日(土)までに、事務局にE-mailにてお申し込みください。


東北支部
2012/03/22

日時:4月21日(土) 午後2時〜5時

場所:東北大学 片平キャンパス 片平さくらホール 

   2階 会議室

 

<2012年度 総会>   午後2時〜3時

  議題 1.開会の辞

     2.議長選出

     3.議事 (1)2011年度活動報告および会計報告

          (2)2012年度活動計画および予算案

          (3)役員改選

          (4)その他

    4.閉会の辞

 

<講演会>   午後3時15分〜5時

    

 「アメリカの飢え」とブラック・スピーク

    立命館大学客員教授  荒 このみ 先生

 

          司会 宮城学院女子大学(非)  

                  清水 菜穂

 

<懇親会>    午後5時30分〜7時30分

 「喜良久亭」 会費¥5,000(学生¥4,000)

     ※参加ご希望の方は、4月14日(土)までに、

      事務局にE-mailにてお申し込みください。


東北支部
2012/02/18

日本アメリカ文学会東北支部3月例会

  ご 案 内

 

日時:3月3日(土) 午後2時〜5時

場所:東北大学 片平キャンパス

   片平さくらホール 2階 会議室

 

研究発表1 

 Randy Checketts (秋田大学)

 "Lost in a Lost Generation: Trying to Find F. Scott Fitzgerald"

 司会 村上東(秋田大学)

 扱う作品

  "The Diamond as Big as the Ritz"

  "Bernice Bobs Her Hair"

  "The Ice Palace"

  "May Day"

  "Winter Dreams"

 

研究発表2

 宮津多美子(順天堂大学)

「自由黒人Solomon Northupの奴隷体験記Twelve Years a Slaveにおける絶望のモチーフ」

 司会 西垣内磨留美(長野県看護大学)

(※発表では、Louisiana State UP、1996 版を使用)

 

<研究発表募集>

 6月例会(6/16)、9月例会(9/8)、12月例会(12/15)での発表をご希望の方は、事務局までご連絡ください。


東北支部
2012/02/18

日本アメリカ文学会東北支部3月例会

  ご 案 内

 

日時:3月3日(土) 午後2時〜5時

場所:東北大学 片平キャンパス

   片平さくらホール 2階 会議室

 

研究発表1 

 Randy Checketts (秋田大学)

 "Lost in a Lost Generation: Trying to Find F. Scott Fitzgerald"

 司会 村上東(秋田大学)

 扱う作品

  "The Diamond as Big as the Ritz"

  "Bernice Bobs Her Hair"

  "The Ice Palace"

  "May Day"

  "Winter Dreams"

研究発表2

 宮津多美子(順天堂大学)

「自由黒人Solomon Northupの奴隷体験記Twelve Years a Slave

 における絶望のモチーフ」

 司会 西垣内磨留美(長野県看護大学)

(※発表では、Louisiana State UP、1996 版を使用)



<研究発表募集>

 6月例会(6/16)、9月例会(9/8)、12月例会(12/15)での

 発表をご希望の方は、事務局までご連絡ください。


東北支部
2012/01/10

日時 1月28日(土) 午後2時~5時

場所 東北大学 片平キャンパス 片平さくらホール 2階会議室

 

研究発表1

  孫恵仁 (東北大学・院)

    「ラフカディオ・ハーンの風刺・風俗画

        ―ニューオーリンズの『シティー・アイテム』紙を中心に―」

  司会 清水菜穂 (宮城学院女子大学・非)

    使用テキスト

       Hearn, Lafcadio. The New Orleans of Lafcadio Hearn:

             Illustrated Sketches from the Daily City Item,

             ed. Delia Labarre. Baton Rouge: Louisiana

             State University Press, 2007.

研究発表2

  高橋守(秋田県立大学)、Stephen A. Shucart  (秋田県立大学)

   "On Creative Writing"

  司会 村上東 (秋田大学)

   扱う作品

      James N. Frey, How to Write a Damn Good Novel(1987)

      Mario Puzo, The Godfather (1969)

      Dashiell Hammett, The Maltese Falcon (1930)

      Christopher Vogler, The Writer's Journey (1998)

 

研究発表3

  宇津まり子 (山形県立米沢女子短期大学)

    「プランテーションノベルを失敗させて始まる物語 ——Kate Chopinの“Ma’ame Pélagie” 」

  司会 宮津多美子 (順天堂大学)


東北支部
2012/01/10

日時 1月28日(土) 午後2時~5時

場所 東北大学 片平キャンパス 片平さくらホール 2階会議室

 

研究発表1

  孫恵仁 (東北大学・院)

    「ラフカディオ・ハーンの風刺・風俗画

        ―ニューオーリンズの『シティー・アイテム』紙を中心に―」

  司会 清水菜穂 (宮城学院女子大学・非)

    使用テキスト

       Hearn, Lafcadio. The New Orleans of Lafcadio Hearn:

             Illustrated Sketches from the Daily City Item,

             ed. Delia Labarre. Baton Rouge: Louisiana

             State University Press, 2007.

 

研究発表2

  高橋守(秋田県立大学)、Stephen A. Shucart  (秋田県立大学)

   "On Creative Writing"

  司会 村上東 (秋田大学)

   扱う作品

      James N. Frey, How to Write a Damn Good Novel(1987)

      Mario Puzo, The Godfather (1969)

      Dashiell Hammett, The Maltese Falcon (1930)

      Christopher Vogler, The Writer's Journey (1998)

 

研究発表3

  宇津まり子 (山形県立米沢女子短期大学)

    「プランテーションノベルを失敗させて始まる物語 ——Kate Chopinの“Ma’ame Pélagie” 」

  司会 宮津多美子 (順天堂大学)


関西支部
2012/01/04

日本アメリカ文学会関西支部

支部長 水野 尚之

事務局 神戸大学国際文化学研究科

 

会員各位

2012年1月1日

 

関西支部1月例会のご案内

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。1月例会を下記の要領にて開催いたします。

日時 2012年1月21日(土) 午後2時より

   通常より1時間開始が早まっています。

場所 大阪大学言語文化研究科(豊中キャンパス)

A棟2階大会議室 (560-0043 豊中市待兼山町1-8 )

阪急宝塚線石橋駅、大阪モノレール柴原駅徒歩15分

 

ミニシンポジウム

「古典研究から批評理論まで―若手研究者の考えていること」

司会 岡本太助(大阪大学)

講師

岡本晃幸(関西学院大学・研究員)

「神話のコンテクスト―“A Tale of the Ragged Mountains”(1844)における拡張主義とヴァージニア」

別所隆弘(同志社大学・嘱託講師)

「旅行記をいかにして読むか」

沖野真理香(神戸大学・研究員)

「マイノリティ演劇研究としてのミュージカル研究」

玉井潤野(京都大学・院)

「新奇さのレトリック」

若手による研究を盛り上げるための新企画です。多数の会員、特に同世代の院生、研究者の方のご参加をお待ちしています。

---------------------------------------------------------------------------------

・全国大会研究発表応募締切は3月31日、支部会誌投稿締切は4月15日です。投稿規定は会誌48号、ホームページをご覧下さい。

・例会発表の申し込みは随時、事務局までお知らせ下さい。

<<  <  19  20  21  >  >>