1. 各支部からのお知らせ
 

各支部からのお知らせ


2017/03/27
第34回 日本アメリカ文学会中部支部大会(2017.4.22)のお知らせ

以下の要領で、中部支部大会を開催します。

日時:2017年4月22日 (土) 10:00 - 17:15
 ※昨年度より、土曜日の開催となっております
会場:愛知大学名古屋キャンパス(ささしま)講義棟L805教室
 〒453-8777 名古屋市中村区平池町4-60-6
 Tel: 052-564-6111 (代表)
 
会場アクセス                


プログラム   <研究発表・シンポジウム要旨
開会のことば 支部長 長畑 明利(名古屋大学)  10:00 - 10:05
研究発表     司会 香ノ木 隆臣(岡山理科大学)
(1) 古谷 裕美(中央大学・非)  10:05 - 10:50
 ヘミングウェイの描く「非なる西洋」としてのトルコ――暴力・去勢・死

(2) 柳沢 秀カ(名城大学)  10:50 - 11:35
 ヘミングウェイの地図とドライブ小説
 
総会  議長 長畑 明利  11:35 - 12:15

昼食休憩  12:15 - 13:30
シンポジウム  13:30- 16:00
 ふるさとから遠く離れて――「アメリカ」文学における旅と異郷の物語
 司会・講師 森 有礼(中京大学)
    講師 Christopher J. Armstrong(中京大学)
    講師    杉浦 清文(中京大学)
    講師    中垣 恒太郎(大東文化大学)

特別講演  16:15- 17:15
『風と共に去りぬ』――コモンマンのアメリカン・サーガ
   講師 荒 このみ氏(東京外国語大学名誉教授)
   司会 三輪 恭子(東邦大学)

閉会のことば  川村 亜樹(愛知大学)  17:15
懇親会  18:30 - 20:30
 会場:ベヂロカ(名古屋市中村区名駅3-23-18)
    Tel: 050-3461-5367

    https://r.gnavi.co.jp/1pvcbhnh0000/map/
 会費:5,000円(院生3,000円)                                   
*勝手ながら大会当日のご参加は受け付けられません。4月17日(月)までに運営委員長の川村先生(akawa@vega.aichi-u.ac.jp)宛にお申込み下さい。

東京支部
2017/03/27

◆4月特別講演の会場変更

2017年4月8日(土)午後2時より

慶應義塾大学三田キャンパス 南校舎4階445番教室

*会場が変更されました。お間違えのないようご注意ください。

 なお、総会は予定通り研究室棟A・B会議室で行います。


東京支部
2017/03/27

◆4月特別講演と総会のお知らせ

2017年4月8日(土)午後2時より

慶應義塾大学三田キャンパス 南校舎4階445番教室

*特別講演の会場が変更されました。お間違えのないようご注意ください。

 なお、総会は予定通り研究室棟A・B会議室で行います。

 

特別講演

 

アメリカと日本と私

 

講師:赤坂真理氏

司会:越智博美(一橋大学)

 

***

特別講演終了後、支部総会を開催します。

 

→特別講演の要旨は、支部ホームページをご確認ください。



東京支部
2017/03/07

◆3月例会のお知らせ

2017年3月25日(土)午後1時半より

慶應義塾大学三田キャンパス 研究室棟A・B会議室

 

研究発表

 

モダニティと身体性の再創造

Whitman, Chopin, Jamesの新しい文学の探求

講師:梶原照子(明治大学)

司会:舌津智之(立教大学)

 

***

分科会

 

近代散文

 

「自然」の不自然な本性

“Benito Cereno”における奴隷制のロジック

伊藤祐太(東京大学・院)



現代散文

 

アン・ペトリ『ストリート』における自然主義への介入

木原健次(東京工業大学・非)



 

Yoko OnoのGrapefruitを再び味わう

矢口裕子(新潟国際情報大学)



演劇・表象

 

In the HeightsからHamilton

Lin-Manuel Mirandaの業績

小池久恵(いわき明星大学)



→全体会と分科会の要旨は、支部ホームページをご確認ください。



北海道支部
2017/02/21

182回研究談話会を下記の要領にて開催いたします。どうぞお誘い合わせの上、多数お集まりくださいます

ようご案内申し上げます。

 

 318日(土)午後4時〜 6時 

場 所:札幌市立大学サテライト・キャンパス小会議室(札幌市中央区北4条西5丁目アスティ45ビル12階) 

 *いつもの大会議室とは異なりますのでご注意ください。*アクセス:http://www.scu.ac.jp/access/satellite/

題 目:Henry JamesWashington Squareにおける父、遺産相続、国籍離脱

発表者:斎藤 彩世氏 (北星学園大学)

司 会:本村 浩二氏 (関東学院大学)


中部支部
2017/02/02

日本アメリカ文学会中部支部 2016年度2月例会(2017.2.18)のお知らせ

以下の要領で2月例会を開催します。

日時:2017年2月18日(土)午後2時半より
*役員会を午後12時半より開催します

会場:愛知大学名古屋キャンパス L1001
名古屋駅から徒歩20分、または、あおなみ線「ささしまライブ」駅すぐ
駐車場はありません。名駅からの場合、ななちゃん人形→「笹島」交差点、と南方向に直進し、名鉄バスセンターに上がっていく道の「下広井」交差点も渡ってさらに直進して「ささしまライブ24東」交差点を右に入る(新幹線高架をくぐる)と建物が見えます。講義棟(北側、工事現場側)・厚生棟(南側、中川運河側)があり、講義棟の方です。開いている入り口は、曲線の庇の下のピロティ側です。エレベーターで10階にお上がりください。

研究発表1:西田梨紗(白百合女子大学(院))
「『緋文字』における"burdock"の象徴性をめぐって」
司会:川村亜樹(愛知大学)

研究発表2:結城正美(金沢大学)
「生物文化多様性とエスニックアメリカ」
司会:山辺省太(南山大学)

*****************************************************

鵜殿えりか先生 アメリカ文学会賞 受賞記念祝賀会

長年中部支部にご尽力頂いてきました、愛知県立大学の鵜殿えりか先生が、第1回アメリカ文学会賞を受賞されました。
記念祝賀会を開催致しますので、ご参加頂ければ幸いです。

日時:2017年2月18日(土)午後5時半より

会場:そら豆(名駅3丁目にある創作料理のお店です)
   
https://www.hotpepper.jp/strJ000020826/

会費:一般6,000円、大学院生3,000円

申込:2月13日(月)までに、
川村亜樹先生宛にメールしてください。
akawa@vega.aichi-u.ac.jp

*****************************************************

事務局
〒464-8662愛知県名古屋市千種区星が丘元町17-3
椙山女学園大学 国際コミュニケーション学部 長澤研究室
TEL: 052-781-4953 /FAX: 052-781-6330
email:
nagasawa@sugiyama-u.ac.jp
郵便振替 00870-2-57784 日本アメリカ文学会中部支部事務局
年会費 8000円(一般会員) 3000円(支部会員)
(件名に「日本アメリカ文学会中部支部」とお入れ下さい)


北海道支部
2017/01/22

181回研究談話会を下記の要領にて開催いたします。どうぞお誘い合わせの上、多数お集まりくださいますようご案内申し上げます。

 

日時218日(土)午後4時〜 6時 

場所:北海学園大学(札幌市豊平区旭町4丁目1407号館1階D101

交通案内:地下鉄東豊線「学園前」下車、3番出口。 http://hgu.jp/guide/toyohira_campus/

 

題 目:Herman Melville “The Bell-Tower” 再読:不気味な自動人形の意味の多層性をめぐって

発表者:新関 芳生氏 (関西学院大学)

司 会:平野 温美氏 (北見工業大学名誉教授)


東京支部
2017/01/10

◆1月例会のお知らせ

2017年1月28日(土)午後1時半より

慶應義塾大学三田キャンパス 研究室棟A・B会議室

 

研究発表

 

2016年から悩ましく読み直す人間(のToM)と世界(のIoT)

Gravity's Rainbowを一例として

講師:楢崎寛(無所属)

司会:波戸岡景太(明治大学)

 

***

分科会

 

近代散文

 

ギルバート・オズモンドはどこ出身か

The Portrait of a Ladyと南北和解のナラティブ

小島尚人(法政大学)



現代散文

 

リップスティック・キラー

Lolitaに見る消費世界

内田大貴(慶應義塾大学・院)



 

Emily Dickinsonの詩作にみるピクチャレスク

冬木詠子(早稲田大学・研究生)



演劇・表象

 

ソーシャル・ネットワークと記憶の表象

Adam Johnson, “Nirvana”とLouise Erdrich, “Domain”を手がかりに           

日野原慶(大東文化大学)



→全体会と分科会の要旨は、支部ホームページをご確認ください。


<<  <  1  2  3  >  >>